メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【第100回 全国高校野球選手権和歌山大会】

◆和歌山大会 第1日◆

写真:笠田―新翔 五回裏新翔無死一、二塁、松本が左越え適時二塁打を放つ。捕手小西 拡大笠田―新翔 五回裏新翔無死一、二塁、松本が左越え適時二塁打を放つ。捕手小西

写真:七回裏、左前安打を放った新翔の和田惟吹君=いずれも紀三井寺 拡大七回裏、左前安打を放った新翔の和田惟吹君=いずれも紀三井寺

■夢舞台 39校挑む

 第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会が11日、開幕した。今年も紀三井寺に球児たちが集い、開会式で全力プレーを誓った。開幕試合に臨んだ球児たちはあきらめないプレーを見せ、接戦となった。

■粘る新翔 中盤に流れ

◇紀三井寺

▽1回戦

笠 田112100000|5

新 翔10103010×|6

◎…新翔が中盤に流れを引き寄せて粘り勝ち。五回、松本の二塁打や遠山の中前安打、津呂の犠飛で3点を追加して同点に。七回には一、二塁の好機で和田が左前安打を放つと、左翼手の悪送球の間に二塁走者が生還。決勝点となった。投げては三回に救援した宮本がコースを丁寧につき、勝ち越し点を引き寄せる投球を見せた。

 笠田は序盤に智多や池田の適時打などで得点するなど流れを引き寄せたかに見えたが、追いつかれてからはあと1本が出なかった。

■「絶対打つ」気持ち集中 新翔・和田惟吹君

 同点で迎えた七回裏。2死一、二塁の好機に新翔の和田惟吹君(1年)が打席に立った。2球目、高めに浮いた真っすぐを振り抜くと、打球は左翼方向へ。相手の失策を誘い、勝ち越しの走者をかえした。

 この試合の先発メンバーで唯一の1年だった。緊張していた。開幕戦だし、3年生にとっては最後の夏。自分が足を引っ張ってはいけない。けれど、六回裏までの3打席はゴロや三振に倒れた。「絶対、打たなあかん」。気持ちを奮い立たせた。勝ち越しの打席は打つことだけに集中した。打った瞬間、手応えを感じた。ベンチに戻ると、先輩たちから「ナイスバッティング」とほめられた。うれしかった。

 試合後、和田君は「チームに貢献できてよかったです。先輩たちとプレーするのが楽しいから、次もプレーできてうれしい。長く一緒にできるようにがんばります」と笑顔で話した。

(本間ほのみ)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ