メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【第100回 全国高校野球選手権和歌山大会】

夏 輝く 第3日

写真:海南―日高中津 八回裏日高中津1死満塁、代打松村が2点適時二塁打を放つ。捕手井口=いずれも紀三井寺 拡大海南―日高中津 八回裏日高中津1死満塁、代打松村が2点適時二塁打を放つ。捕手井口=いずれも紀三井寺

■流れ変えた適時打/日高中津の代打 松村斗我君

 打席横で息を吐きながら、ゆっくり1回屈伸した。「ここで自分が流れを作る」。同点で迎えた八回裏1死満塁。日高中津の代打松村斗我君(3年)はそう誓って打席に立った。2球目、狙っていた直球を振り抜いた。打球は左翼線へ飛び、2点適時二塁打に。松村君は二塁上でベンチに向かって右手を突き上げた。「ここで負けるわけにはいかない。気持ちで打った」

 一回、海南が1点を先取すると、日高中津はその裏、本塁打で2点。二回以降はスコアボードに「0」が並ぶ投手戦になった。試合前に、代打起用を伝えられていた松村君。五回から歓声を聞きながら、ベンチ裏のスイングルームで振りこんで気持ちを高めた。

 八回、松村君の勝ち越しの適時二塁打に続き、6番柏原樹君(3年)の2点適時打などで、一挙5点。山本誠司監督は「苦しい展開だった。ここぞと決めて松村を代打で送った勝負どころで、試合の流れが変わった」と活躍をたたえた。

 右の代打の切り札――。昨秋の県2次予選1回戦の星林戦で九回にサヨナラ適時打を放ち、代打として自信を持てたという松村君。だが、今春は代打で結果が出せず、練習後も個人練習を重ねた。この日の試合前のスイングを見て代打で使うことを決めたという山本監督は「松村は苦しんできた中でよくやった。100点満点」と笑顔を見せた。松村君は「一から気持ちを入れ替えて、勝負どころでチームを助けたい」と次戦に向け意気込んだ。

(片田貴也)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ