メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【第100回 全国高校野球選手権和歌山大会】

◆和歌山大会 第6日 (2)◆

写真:箕島―粉河 七回表箕島1死二、三塁、小松が中越え適時二塁打を放つ。捕手堀内 拡大箕島―粉河 七回表箕島1死二、三塁、小松が中越え適時二塁打を放つ。捕手堀内

写真:貴志川―和歌山北 七回裏和歌山北二死一塁、鞆浦(8)が二盗に成功。遊撃手南口 拡大貴志川―和歌山北 七回裏和歌山北二死一塁、鞆浦(8)が二盗に成功。遊撃手南口

■箕島 鮮やか集中打

◇紀三井寺

▽2回戦

箕  島 001 200 332|11

粉  河 104 100 000|6

◎…箕島打線が終盤に集中打を見せ、逆転勝ちした。七回、深井、小松の連続適時二塁打などで3点を奪い同点に追いつく。八回、尾坐原の適時二塁打、犠飛などで計3点を奪い、さらに九回にも2点を加点し一気に突き放した。投げては4投手が継投し、五回以降を無失点に抑えた。

 粉河は一回木村壮の適時打で1点を先取。三回は敵失などを絡めて4点を奪った。終盤にも再三、得点圏に走者を進めたが、後続が断たれた。

 五回裏、粉河の攻撃を併殺で打ち取ると、箕島のベンチが沸き立った。「流れが変わった」と主将の森風童君(3年)。この日は、五回までに失策7。これまでに経験したことのない守備の乱れだった。しかし、尾藤強監督の「この試合に勝てるチームが甲子園に行く」という言葉を受け、ベンチには諦めない気持ちがあふれていた。

 「六回からはまた新しい試合」という監督の声かけは選手を動かした。七回以降11安打を放ち、8得点と試合をひっくり返した。次は、智弁和歌山戦。「智弁を倒さなければ甲子園には行けない」。主将は気持ちを新たにした。

(成田愛恵)

■和歌山北 継投で要所締め

◇紀三井寺

▽2回戦

貴 志 川 000 000 010|1

和歌山北 003 010 11×|6

◎…和歌山北は湯浅と北原の継投で要所を締め、落ち着いた守りで勝利を決めた。先発湯浅は5回を投げ4奪三振と力強い投球を見せた。たびたび得点圏に走者を背負ったが、後続を断った。北原も得点を許した八回を除いて二塁を踏ませない好投。野手陣も2併殺ともり立てた。打っては計9安打を確実につないだ。

 貴志川は七回まで打線がつながらず、本塁が遠かったが、5点を追う八回、南口や吉田の単打で1点を返し、意地を見せた。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ