メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活

ご当地ソングで元気に

写真: 拡大

■「地方創生!歌謡コンサート」

 演歌・歌謡曲やポップスなど音楽のジャンルを超え、県下の歌手や作家、音楽関係者などが集った「わかやま歌のちからの会」が今年発足しました。大衆音楽である歌の力でふるさと和歌山を元気にしようと活動しています。県の文化振興事業補助を受けて会が最初に着手したのは、郷土の先人たちが残した和歌山の歌、いわゆるご当地ソングの全曲調査です。

 ザ・キングトーンズの「WAKAYAMA」など自治体が作ったPRソング、水森かおりさんの「熊野古道」のように和歌山を取り上げ全国で発売された歌、都はるみさんの「黒潮節」など地元で作られ地元で歌われる歌など、レコードやCDに残された歌だけでも、現時点で大正〜平成まで計458曲を数えました。同会のサイト(http://wutap.ikora.tv/)。

 ところが、レコードは廃盤となり、歌われる機会も少なく、存在すら忘れられている歌も多いことがわかりました。そういう中から隠れた名曲10曲を選びだし、和歌山で活躍する歌い手10人が、埋もれた歌を歌い継いでゆくコンサートが開かれることになりました。

 1949(昭和24)年の実話を元に、大スター・田端義夫さんが歌った「白浜エレジー」は、SP盤から音源を取り出し、譜面を起こして、ギターの弾き語りで歌ってもらうことになりそうです。また、「七つの子」などで知られる野口雨情が残した詞に、松崎しげるさんが曲をつけた「忘れじの紀の川」は、往時の橋本が歌いこまれた叙情歌謡で、しっとり聴いてほしい楽曲です。

 この「地方創生!歌謡コンサート」は、2019年1月20日(日)午後2時から、県民文化会館小ホールで開催されます。前売り2千円(当日2500円)。問い合わせは実行委員会(073・457・1011)。

 LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

 

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】食べすぎたら通知してくれる

    センサー内蔵のスマートベルト

  • 写真

    【&TRAVEL】3万6千年前の壁画に仰天

    ライオン、ウマが生き生きと

  • 写真

    【&M】絶景広がる魅惑のダンボ地区

    昔の危険な匂いは消えた……

  • 写真

    【&w】旬の「大根」を食べつくす

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日気持ち悪いのにクセになる

    白井智之ミステリーの世界観

  • 写真

    WEBRONZA柳川前町長から玉城知事へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    キュートな猫缶は高感度UP

  • 写真

    T JAPANすきやばし次郎、マグロを語る

    日本の水産資源の現実とは

  • 写真

    GLOBE+中国「真の男をつくる学校」

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippoオスの三毛猫は存在しない?

    まだまだ残る猫のなぞ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ