メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活

演奏家 ふるさとに活力

写真:昨年の紀南病院でのコンサートの様子 拡大昨年の紀南病院でのコンサートの様子

■わかふるコンサート

 県新人演奏会に出演した音楽家を中心に行われるアコースティックな演奏会「わかふるコンサート」。2008(平成20)年から始まり、故郷・和歌山ゆかりの演奏家たちの発表の場として、また演奏会場ではない会場でのコンサートとして、音楽の普及と地域の活性化にしっかりと役割を果たしています。

 今年は和歌山市の紀伊風土記の丘や九度山町の紙遊苑などで回を重ね、田辺市の紀南病院が最終となります。地域の中核医療機関のエントランスホールで開かれるため、患者さんはもちろん多くの皆さんが参加できる最大規模の「わかふるコンサート」となります。

 今回の出演は4組です。まず演歌歌手の宮本静さんが、クラシックのピアノの碇(いかり)理早(りさ)さん、バイオリンの小谷信子さんと一緒に、「田辺コーライお笠祭り」などのご当地ソング“ふるさと癒やし歌”を歌いあげます。

 2組目は、3人組の女声アンサンブル・クリアさん。「里の秋」「赤とんぼ」の童謡と共に、「ホワイトクリスマス」の美しいハーモニーを響かせます。

 3組目は、3人組のピアノデュオパフォーマンスグループ・infiniさん。3人で異なるペアを組み合わせながら、「糸」「HANABI」など、J―POPのヒット曲を楽しく聞かせてくれます。

 最後は、16年度の和歌山市文化功労賞を受賞された杵屋栄七珠(きねやえなじゅ)さん率いる長唄三味線・杵屋栄七珠の会の皆さん。「越後獅子」に「童謡メドレー」と伝統音楽を身近に感じさせてくれます。

 このバラエティーに富んだコンサートは、12月1日(土)午後2時半から、紀南病院(田辺市新庄町)で。観覧は無料で申し込みも不要です。

 LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

 

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】やっぱりご飯が好き!

    最新炊飯器はどれを選ぶ?

  • 写真

    【&TRAVEL】からり、さくりと旬の串揚げ

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ずっと運転したくなるクルマ

    BMW「Z4」試乗記

  • 写真

    【&w】川島小鳥×尾野真千子

    「つきのひかり あいのきざし」

  • 写真

    好書好日ムーミン谷のグロッギを作る

    クリスマスにぴったりの飲み物

  • 写真

    WEBRONZA秋篠宮さまの「戦略」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本全国の旬の素材を堪能

    銀座・丸の内の名店

  • 写真

    T JAPANシャネル「N°5」の革新性

    赤く染まったボトルが新鮮!

  • 写真

    GLOBE+時代遅れと言われたけれど

    今分かる、父ブッシュのすごさ

  • 写真

    sippo日本の冬といえば「こたつ」

    猫専用こたつを試してみた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ