メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活

ゆかりの演奏家が集結

写真: 拡大

■とらふすクラシック100回記念寄付コンサート

 「わかやま新報」のコーナー「とらふすクラシック」は、和歌山でコンサートを開くクラシック演奏家が自身の筆でコンサートを紹介できる連載として、毎週木曜日に掲載されています。連載100回を記念して、3月21日、執筆経験のある演奏家たちが集まり「とらふすクラシック100回記念寄付コンサート」を行います。

 今年秋に初めて開催が予定されている「きのくに音楽祭」のプレコンサートとして、全員ボランティアで出演。収益はすべて音楽祭に寄付することを目的としています。

 プログラムは3部構成。第1部は、くしくも3月21日が誕生日というJ.S.バッハに寄せて、バイオリンパルティータ第2番「シャコンヌ」を金谷幸三さんのギター、同じく「イタリア協奏曲」を山名敏之さんのチェンバロで。

 第2部は、とらふすクラシックの名の由来となった紀州徳川家ゆかりの南葵音楽文庫に関する作品を紹介します。古楽ソプラノの谷野裕子さんがパーセルの歌曲を披露し、岡本万貴さん(フルート)と金谷幸三さん(ギター)は武満徹の楽曲を演奏。またベートーベンのピアノソナタ「月光」などの名曲も。

 第3部は、やはりこの日が誕生日というムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」を、碇理早さん、上野絵理子さん、瀧本裕子さん、山名敏之さん、宮下直子さんの5人のピアニストが弾きつなぎます。

 コンサートは午後2時から、フォルテワジマ(和歌山市本町2丁目)4階大ホール。1人につき1千円以上の寄付を会場でお願いします。先着200人。事前に電話による予約番号の取得(1人4席まで)が必要です。予約はフォルテワジマ(073・488・1900)へ。

 LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】炊飯も無水調理もおまかせ

    1台8役の使えるアイテム

  • 写真

    【&TRAVEL】旅に便利な中東系航空会社

    ちょっと上級編のひとり旅

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】たくましい巨岩と広い大地

    ノーザンテリトリーの魅力

  • 写真

    好書好日「ダルちゃんは、私」声続々

    はるな檸檬さんの大ヒット漫画

  • 写真

    WEBRONZAマッカーサーへの眼差し

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ニューヨークワインがいま熱い

  • 写真

    T JAPANこれからの日本のオペラ

    大野和士氏にインタビュー

  • 写真

    GLOBE+いまも残る「誘拐婚」

    批判受けても「伝統だ」の声

  • 写真

    sippo犬や猫の繁殖・販売の実態

    規制少なく「誰でもできる」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ