メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

プロと熱唱 参加いかが

写真: 拡大

■第1回演歌・歌謡曲の祭典in和歌山

 当代の演歌・歌謡曲を代表する歌い手が集うビッグイベント「第1回演歌・歌謡曲の祭典in和歌山〜ふるさと創生プロ・アマ音楽祭〜」が5月、和歌山市で開催されます。

 杉良太郎さん、千昌夫さん、美川憲一さん、山川豊さん、山本譲二さん、瀬川瑛子さん、伍代夏子さん、市川由紀乃さんの8人、そして「和歌山ブルース」誕生50周年を記念して古都清乃さんが、そろってやってきます。

 日本の風土や文化、日本人の心情が情感を込めて歌われ、大衆に広く受け入れられてきた演歌・歌謡曲。その歌の持つ力で地域の発展、活性化につなげようと、杉良太郎さんらが立ち上げた「演歌・歌謡曲の力実行委員会」が主催、超党派の「演歌・歌謡曲を応援する国会議員の会」が後援します。記念すべき1回目が和歌山となったのです。

 この音楽祭の一番の特徴は、豪華な顔ぶれはもちろんのこと、プロ歌手とアマチュア歌手が同じステージに立ち、一緒にプロの曲を歌うことです。

 千昌夫さんと一緒に「北国の春」や伍代夏子さんと「ひとり酒」など、8人のプロ歌手とジョイント歌唱される方を広く募ります。(問い合わせは同委員会 03・3478・6152)。演歌・歌謡曲の基盤、原点であるカラオケファンとの交流を活発にし、地域創生を目指す熱い思いが込められています。

 この音楽祭は、年号も変わった5月8日(水)午後4時から、和歌山ビッグホエールで開催。全席指定でS席アリーナ前売り9千円(当日1万円)、A席スタンド同7千円(同8千円)。チケットは3月9日から市内プレイガイドや県内コンビニで発売されます。

 LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ