メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第91回選抜高校野球大会】

1点の重み 夏の力に

写真:習志野―市和歌山 一回裏市和歌山1死二、三塁、米田は左前に勝ち越し2点適時打を放つ。捕手兼子=筋野健太撮影 、いずれも阪神甲子園球場 拡大習志野―市和歌山 一回裏市和歌山1死二、三塁、米田は左前に勝ち越し2点適時打を放つ。捕手兼子=筋野健太撮影 、いずれも阪神甲子園球場

写真:智弁和歌山―明石商 六回裏明石商1死三塁、来田を三振とし、ガッツポーズを見せる投手小林樹、捕手東妻=加藤諒撮影 拡大智弁和歌山―明石商 六回裏明石商1死三塁、来田を三振とし、ガッツポーズを見せる投手小林樹、捕手東妻=加藤諒撮影

 第91回選抜高校野球大会準々決勝の31日、県勢2校が登場し、いずれも接戦の末、4強入りを逃した。第1試合で市和歌山は習志野(千葉)に3―4で敗れ、第4試合の智弁和歌山は明石商(兵庫)に九回サヨナラ本塁打で3―4で競り負けた。夏にまた甲子園に――。選手らは飛躍を誓った。

◇ 市和歌山 ◇

■逆転するリード守れず

◇準々決勝(第1試合)

 習志野(千葉)   100 011 100|4

 市和歌山(和歌山) 300 000 000|3

  ◎…市和歌山は先制された初回に連打で逆転し、その後、随所に好プレーも出たが、継投した習志野のエースを打ち崩せなかった。

 1点を追う市和歌山は一回、下井田と緒方の連打で1死一、二塁とし、柏山の適時二塁打で同点。さらに、米田が2点適時打を放ち、逆転した。三、四、五回は敵失や安打などで得点圏に走者を進めるが、二回から継投した習志野の飯塚の140キロ台の速球にかわされ、後続が断たれた。

 先発した柏山の後、四回から継投した岩本は、3点を失ったが、変化球を生かして粘り強く投げた。

■「8強自信 上を目指す」

●米田航輝主将(3年)

 「大会を通してチームで成長した。一丸となって相手に向かえた。でもまだ上がいる」。4強入りはならなかったが、チームとして52年ぶりの8強。市和歌山の主将、米田航輝君(3年)の目は次を見据えた。

 新チーム発足後初の公式戦は初戦で敗退。「誰も声出さんと自分勝手なプレーしてた。これじゃあかん」。主将としてチーム全員が前を向いて練習ができるようにと、笑顔を絶やさず目を配り、声をかけながらチームを引っ張ってきた。

 この日は、初回に逆転したものの、中盤以降、追いつかれ、勝ち越しを許した。1点を追う九回裏。市和歌山は、攻撃前に円陣を組んだ。半田真一監督(38)が「絶対に追い抜くぞ」と声をかけると、全員で気合を込め、人さし指を突き合わせ「よっしゃー」と声を合わせた。しかし、遊飛、三振で2死。3人目も三振で試合終了。米田君はうつむき唇をきつく結んだが、整列すると、顔を上げて笑顔を見せた。一礼すると相手主将に「次も頑張れよ」と伝え、肩に手を置いた。

 半田監督は「後半守りで苦しい場面が続く中、下級生の岩本(真之介投手)をよくリードした。主将としても常にチームを勇気づけていた」と評価する。

 米田君は「劣勢でもしっかり全員で攻撃するぞという気持ちを持てるようになった。8強は自信。でも満足してない。もう一度甲子園に戻ってきて上を目指します」。試合後、チームのみんなを見渡してほほえみながらうなずいた。

(成田愛恵)

■強くなり戻ってくる

 市和歌山・米田航輝主将 飯塚君の140キロを超える速球に対応できなかった。とにかく打ち崩さないと勝てない。全国レベルのどんな投手でも打てるように、もう一回り強いチームになって戻ってきたい。

■夏にリベンジしたい

 市和歌山・半田真一監督 相手が最後まで食らいついてきた。足を絡めたり逆方向へ打ったり、そつない野球を見習いたい。選手は秋から成長した。苦しい中でも1点取る力をつけて、夏にリベンジしたい。

◇ 智弁和歌山 ◇

■再三の好機 あと1本出ず

◇準々決勝(第4試合)

 智弁和歌山(和歌山) 100 020 000|3

 明石商(兵庫)      210 000 001|4

 ◎…智弁和歌山が中盤に追いつき、息詰まる接戦になったが、九回にサヨナラ本塁打で敗れた。一回、4四球を選び、押し出しで1点を先取。2点を追う五回、西川の安打、黒川の適時二塁打で1点差とし、東妻が安打で続き、根来の右犠飛で同点とした。七回、東妻の三塁打で無死三塁の好機を作ったが後が続かず、九回も二塁まで走者を進めるがあと1本が出なかった。

 先発池田泰の後を受け、三回から継投した小林樹は勢いのある直球を生かして八回まで無失点の好投を見せたが、九回に競り負けた。

■潤んだ赤い目 飛躍誓う

●小林樹斗投手(2年)

 2点リードされた三回、智弁和歌山の小林樹斗(たつと)君(2年)は2番手としてマウンドに登った。強力な明石商打線を三回、四回と無安打に抑え、五回も二塁打などで三塁に走者を背負うも内野ゴロに打ち取り、相手に傾きかけた流れを断ち切った。

 六回、先頭打者が二塁打を放つと、明石商スタンドから大きな歓声が上がる。捕手の東妻純平君(3年)がマウンドに駆け寄り、「ランナーを気にせずバッターに向かっていけ」。次打者を内野ゴロに打ち取ったが、なおも1死三塁。初回、本塁打を放った来田涼斗君(2年)が打席に立った。

 明石商の応援の声は最高潮になり、東妻君が再び声をかけた。「同級生に負けてられんぞ」。強気に直球で追い込み、4球目。変化球で来田君のバットが勢いよく空を切り、三振を取ると東妻君と目を合わせガッツポーズ。次打者も内野ゴロに打ち取った。

 同点のまま九回裏、マウンドに上がり、迎えたのは来田君。「絶対に抑える」。しかし、5球目、内角高めに入った球を右翼スタンドに運ばれた。

「こいつがブレイクしたら五つ勝てる」。そう中谷仁監督(39)から称され、「期待に応えて初めての甲子園で優勝したい」と思い臨んだ夢の舞台。「勝負出来るところもあったがまだまだな部分を思い知らされた。夏に向けて取り組みたい」。潤んだ赤い目に再起の火がともった。

(成田愛恵)

■悔しい思い晴らせず

 智弁和歌山・黒川史陽(ふみや)主将 秋に明石商に負けて悔しい思いを晴らそうと頑張ってきたが、力不足だった。甲子園は甘い場所ではない。隙のない日本一の練習をして、夏は(甲子園を)最高の場所にしたい。

■相手に踏ん張られた

 智弁和歌山・中谷仁監督 選手たちはよく頑張ってくれたが、僕の責任。七回無死三塁では、もう少し(得点する)方法があった。相手に踏ん張られたのが勝敗を分けた。走攻守すべてを見つめ直したい。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ