メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

堀米ゆず子さん来る

写真: 拡大

■Mah!ライブラリー室内楽定期演奏会 Vol.27

和歌山県立図書館2Fメディア・アート・ホールで行われる「Mah!ライブラリー室内楽定期演奏会 Vol.27」に、世界で活躍するバイオリニスト・堀米ゆず子さんがフレンズアンサンブルとやってきます。

 堀米ゆず子さんは5歳からバイオリンを始め、江藤俊哉氏などに師事。1980年桐朋学園大学卒業。同年、エリザベート王妃国際音楽コンクールで日本人初の優勝を飾ります。

 その後、ベルリン・フィル、ロンドン交響楽団、クラウディオ・アバド、小澤征爾など世界一流のオーケストラ、指揮者との共演を重ね、世界中の音楽祭に数多く招かれています。室内楽にも熱心に取り組み、ルドルフ・ゼルキン、アルゲリッチなどとの共演も重ねています。

 これまで、イタリアやフランスでマスタークラスを開催してきましたが、2020年1月、和歌山市加太の青少年国際交流センターで、世界各地から学生たちを集め、第1回堀米弦楽シニアーセミナーの開催を予定されています。

 今回のゆず子フレンズアンサンブルのコンサートマスターは、日本センチュリー交響楽団のコンサートマスター松浦奈々さん。総勢9人の弦楽アンサンブルと堀米さんのソロで奏でるのは、モーツァルトのセレナード第13番ト長調K525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、J・S・バッハの「バイオリン協奏曲第1番イ短調BWV1041」「2台のバイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043」など、名曲ぞろいです。

 この演奏会は、5月21日(火)午後7時から。チケットは前売り3千円、当日4千円。また、学生1千円(30席:専用席)も発売されます。問い合わせは県立図書館(073・436・9530)。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ