メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

和歌山発 新しい音世界

写真: 拡大

■刀禰知美さんがニューアルバム

 和歌山を中心に活動するシンガー・ソングライターの刀禰(とね)知美さんが、8年ぶりのニューアルバム「ありがとう」を2月5日に発売します。全国レベルのサウンドを生み出すプロジェクトとして取り組まれ、和歌山から新しい音世界を創りだすのに成功したといえるでしょう。

   ♪  ♯

 刀禰さんは和歌山市生まれで、旧姓は貴志知美。“うたうたい”になるため、21歳で上京。東京では三軒茶屋のライブハウスを拠点に10年にわたって活動し、2009年に拠点を故郷和歌山に移します。ちょうどそのころ、和歌山市のライブハウスで刀禰さんに会い、「何か歌って」とお願いすると、アカペラでキャロル・キングを歌ってくれました。それが初対面。ソウルフルな歌い手として記憶に残りました。

 その後、彼女のライブでは、両親の離婚を子どもの目線から歌うオリジナル曲「あたしの願い」など、自身の体験を歌詞に乗せた曲をやさしく力強いボーカルで歌い、多くの観客を魅了。その力は抜群でした。結婚・出産での活動休止をへて、一昨年に再開。そして、今回のアルバム創りに臨んだのです。

 刀禰さんは、レコーディングのスタジオに自然な響きが特色のLURUHALLを選びました。東京の旧知のピアニスト・須藤信一郎さんプロデュースのもと、クラシックのチェロ奏者を加えて、さらにCSE Recording Studioから多くの録音機材を持ち込み、3日間行われました。こうしてピアノとチェロの豊かな響きに、刀禰さんの歌声が乗り、メッセージをたしかに伝えるアルバムができあがったのです。

   ♪  ♯

 収録全10曲をコンプリートに演奏する演奏会が2月15日(土)、LURUHALLで行われます。午後2時、同6時の2回公演、いずれも3千円(ドリンク付き)。問い合わせは同ホール(073・457・1022)。

LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ