メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

資料整備終え 6月開講

写真: 拡大

 紀州・和歌山が世界に誇れる「南葵音楽文庫」、紀州徳川家ゆかりのクラシック音楽資料が和歌山に里帰りし、プレオープンから2年半。文庫が所蔵する資料やコレクションを通じて、定期講座やミニレクチャーが数多く行われてきました。約2万点の資料の整備が完了し、記念出版物が3点出版されるのにあわせ、この6月から、南葵音楽文庫アカデミーが開講されることになりました。

     ♪   ♯

 このアカデミーは、明治以降の紀州人が果たした西洋音楽における文化貢献を学び、さらにその学びを今日の和歌山に広め根付かせていくために、8回のカレッジ(講義)と8回のセミナー(演習)が、来年3月まで県立図書館で開催されます。また、新宮、橋本、田辺の各会場でも3回の出前カレッジが開講の予定です。

 「佐藤春夫と音楽」「J.ホルマン:人、音楽とその魅力」など、春夏秋冬の季節ごと開講されるカレッジは、教室での講義形式による講座。各回ごとの聴講もできます。

 県立図書館の南葵音楽文庫閲覧室で、多くの文献や資料に囲まれながら実施されるセミナーは、課題を学習し、講師とともに演習します。対象は年間通じて参加できる履修者のみで、聴講はできません。また、講師の先生方は、慶応大名誉教授の美山良夫先生をはじめ10人。豊富な専門性とわかりやすい語り口調で楽しめます。チェロやアイリッシュ音楽の演奏家も加わって、音楽講座ならではの充実した布陣、しかも受講料は無料です。

     ♪   ♯

 カレッジの定員は各60人(履修者+聴講者)、セミナーは20人。近くの図書館、もしくはWEB(https://www.lib.wakayama−c.ed.jp/nanki/)からダウンロードしてお申し込みできます。

 問い合わせは、県立図書館(073・436・9520)。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ