メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

熊野・龍神で楽曲制作

写真:「ARTS for the future!」のポスター 拡大「ARTS for the future!」のポスター

◇「ARTS for the future!」2公演ライブ配信

 今年も余すところ1カ月弱となりました。振りかえってみれば、県誕生150年にふさわしい「紀の国わかやま文化祭2021」の年だったと思います。作曲家の都倉俊一・文化庁長官がビッグホエールの開会式で祝辞を述べました。山口百恵さんやピンク・レディーの曲で親しまれた長官の言葉には、文化の多様性とエネルギーの大切を感じ取ることができました。

   ♪   ♯

 そういう中、コロナ禍の終わりを願うかのように、「ARTS for the future!」という文化庁の文化芸術振興費補助金採択事業の2公演が12月に和歌山市の「LURU HALL」で行われます。和歌山に招かれた東京や大阪で活躍するアーティストが、「よみがえりの地」の熊野や龍神の自然の中で触発されて楽曲を制作。その楽曲を演奏し、ライブ配信する実験的な試みです。

 一つ目は18日(土)午後7時からギタリストの前田智洋さんがアルバム「Tachibana Bay」を発売した記念として公演します。熊野でつくった楽曲を初披露。金子雄太さん(ピアノ)、ガリバー鈴木さん(ベース)、ヤヒロトモヒロさん(パーカッション)とアルバム制作メンバーを引き連れて演奏します。

   ♪   ♯

 二つ目は19日(日)午後6時からの「邦楽2.0」です。渥美幸裕さん(ギター)、小山豊さん(津軽三味線)、柿木原こうさん(箏)、小濱明人さん(尺八)が新しい邦楽を熊野や龍神村で制作。ホールで演奏、発信します。

 2公演とも限定25人。チケットは5千円(フリーソフトドリンクつき)。年内に視聴可の配信チケットは3200円。問い合わせは同ホール(073・457・1022)。詳細はホームページ(https://luruhall.zaiko.io/)。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ