メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載: ネイチャーフォト

変わった名前の生き物続編:1

写真: 拡大

生き物につく日本での呼び名を「和名」というが、同じ生き物でも地方によって呼び方が異なるため、図鑑や学術書などでは統一した「標準和名」を用いている。

 標準和名がつけられた生き物の中には、どうしてそのような名前になったのだろうかと思うような、不思議な名前や変わった名前のものもいておもしろい。以前、ここでは「変わった名前の生き物編」として、県内に見られる生き物を紹介した。今編はその続編である。

 アブラチャンという植物がある。クスノキ科の落葉低木で、樹高は5メートルほどになる。県下の山地にはクロモジなどとともにふつうに見られる。雌雄異株で、秋に直径1・5センチほどの球形の果実をつける。

 名前の「アブラ」は、果実に大量の油分が含まれ、材も油が含まれていてよく燃えることからで、「チャン」は瀝青(れきせい)を指すとされる。瀝青は元来、松脂を加工したものをいうが、現在では天然のアスファルトやコールタールなどの意味で使われている。

(写真は、春先に撮影したアブラチャン)

内山さんのホームページは、 http://www.uchiyamaryu.com/

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ