メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

スポーツ【モンテディオ山形】

ホーム初戦はドロー

写真:ゴール前にクロスを入れるMF鈴木雄斗選手(10)=NDソフトスタジアム山形 拡大ゴール前にクロスを入れるMF鈴木雄斗選手(10)=NDソフトスタジアム山形

写真:ゴール前でボールを狙うMF高木利弥選手(27)=NDソフトスタジアム山形 拡大ゴール前でボールを狙うMF高木利弥選手(27)=NDソフトスタジアム山形

写真:ゴール裏ではサポーターの旗がたなびいた=NDソフトスタジアム山形 拡大ゴール裏ではサポーターの旗がたなびいた=NDソフトスタジアム山形

 ◆ 讃岐に0−0

 サッカーJ2のモンテディオ山形は19日、天童市のNDソフトスタジアム山形でカマタマーレ讃岐と対戦した。リーグ開幕から3試合をアウェーで戦い、1勝2分で迎えたホーム開幕戦。目標のJ1復帰に向けて9828人の観客が大声援を送ったが、0―0で引き分けた。

 ◆ ミス多く、勢い乗れず

 モンテは前半、激しいプレスを受け、ボールを奪われると、サイドからゴール前にボールを運ばれた。「予想外のフォーメーションの相手に対応が遅れた」とMF本田拓也選手。主導権を握られ、前半だけで8本のシュートを浴びた。

 後半も勢いに乗れない状況が続き、ボールを奪われ、立て続けにシュートを浴びた。だが、GK児玉剛選手の好セーブが光り、無失点に抑えた。

 流れを引き寄せようと、モンテは後半30分にMF中村駿選手、同38分にFW中山仁斗選手を投入したが得点には至らなかった。

 試合後、児玉選手は「多くのファンの前で勝てず悔しい。ただ4試合目で初めて無失点で終えたことは収穫」。MF瀬沼優司選手は「パスミスが多く、チャンスを作れなかった。次は必ずサポーターに勝利を見せたい」と話した。

 木山隆之監督は「勝ち点3を狙っていたので残念。ミスが多く課題も残る。手堅いプレーで良い攻撃をできるようにしたい」とコメントした。

 次節は26日、ホームでアビスパ福岡と対戦する。

 ◆ 「次は勝って」

 この日、冷たい風が吹く中、約1万人のサポーターが詰めかけ、スタジアムは青色で染まった。県出身で宮城県名取市の林実希さん(29)は「毎年、ホーム開幕戦を見に帰省する。今日は圧勝してほしい」と期待した。だが、防戦が目立つ展開に、サポーターらは手を高く掲げ、大歓声で応援し続けた。互いに無得点のまま、試合終了の笛が鳴ると「次は勝って」「リラックスして」と声が飛んだ。

 天童市の大内健吾さん(32)は「数多いピンチを抑えられて良い試合だった」。山形市の伊藤ゆきゑさん(38)は「J2優勝のため、勝利が見たい」と話した。(田中紳顕)

PR情報

ここから広告です

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ