メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

根ほり葉ほり

署名を集め 発議止めたい

写真: 拡大

 ◆ 立憲デモクラシーの会やまがた共同代表 高木紘一さん(75)

 「立憲主義と民主主義を守る」を旗印に、2017年に発足した市民団体「立憲デモクラシーの会やまがた」が1年を迎えた。憲法9条の改定を訴える安倍晋三首相が総裁選で3選を果たした今、どのように支持を広げるのか。共同代表の高木紘一・山形大名誉教授(75)に聞いた。

 ◆ 改憲を阻止具体的には

 ――設立の趣旨を教えてください。

 特定秘密保護法や安全保障関連法、共謀罪と、安倍政権は違憲が指摘される法律を次々と強行採決してきました。こうした憲法無視のやり方に危機感を覚えた学者や弁護士、医師らがつくった会です。保守も革新も関係なく、同じ思いを持っている県民と連携し、憲法に基づいた政治を取り戻すための行動をします。

 ◆ 市民と勉強会

 ――市民向けに憲法の連続講座を開いています。

 立憲主義や民主主義は、耳慣れているようでいて理解はまちまちです。会をつくった後、メンバーや連携団体から「じっくり勉強したい」という声が上がってきました。そのため、勉強会を催すことにしました。

 ――「民主主義とは多数決に従うこと」という論が横行しています。

 民主主義とは、少数意見をどこまで尊重するか、その努力をどこまでしたかが重要です。「選挙で支持を得た」ことを理由に押し切るのは「数の暴力」。憲法には「基本的人権」や「権力への縛り」のように、多数決であっても変えてはいけない「壁」がありますが、ヒトラーは民主主義に基づく選挙で選ばれ、それを壊しました。民主主義の怖さの一面を学び、政権や多数派の意見に流されないための学習が必要です。

 ――安倍首相は改憲に意欲を燃やしています。

 「9条に自衛隊を明記する」と言っていますが、今の自衛隊はかつての専守防衛、災害派遣の集団ではありません。安保法の下、海外へ武器を持って派遣され、米軍と一体になって戦う可能性があるのです。それを伏せたまま「改憲しても何も変わらない」と言うならごまかしです。

 ――会の支持はどこまで広がっていますか。

 講座では「憲法の精神がよくわかった」という声が出ましたが、参加者は高齢者が多い。若い世代にも訴えようと、18年春に山形大で改憲について学ぶ集いを設けました。学生は80人ほど集まりましたが「政権批判は不快」という感想が目立ちました。主張が過激になりがちなインターネットが情報源だからでしょうか。我々もSNSを活用したいのですが、高齢者はネットに弱いのが泣きどころです。

 ◆ 3000万人分目標

 ――平和、護憲運動のマンネリ化が指摘されます。具体的にどう改憲阻止に結びつけますか。

 高齢化やメンバーの固定化、後継者不足は、ほかの業界同様、日本の平和運動の抱える大きな問題です。しかも生活が苦しくて主権者の意識を持てず、「普通の生活ができればどんな政府でもいい」という人が増えているように感じます。街頭で改憲反対の署名を呼びかけても、ビラを配ろうとしても無視されることが少なくありませんでした。

 ただ、米朝の緊張緩和以降、署名に応じてくれる人が増えてきました。当面は全国の同志と連携し、改憲が発議されて国民投票にかけられても否決できる目安となる3千万人分の署名を集め、発議を止めるのが目標です。自分たちの家族や近所から、地道に広げていきたいと思っています。(聞き手・星乃勇介)

 ◎ たかぎ・こういち 1943(昭和18)年、香川県生まれ。香川県立高松高から東北大法学部、東北大大学院を経て69(昭和44)年に山形大人文学部講師。2000年から4年間、人文学部長を務めた。08年に定年退職し、現在は東北文教大などで教える。専門は労働法。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ