メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

教えて! がったん

風疹ってどんな病気? どう予防?

写真: 拡大

 首都圏を中心に、1884人(4日現在)の感染が確認されている風疹。いったいどんな病気で、予防のためには何をするべきなのか。朝日新聞山形総局のマスコットキャラクター「がったん」が解説します。

 ◆ ウイルス性の感染症 予防接種が有効

 ――風疹って、首都圏の話じゃないの?

 ウイルスによる感染症で、山形県内でも16日正午までに7人の感染者が確認されている。最初の感染者は、県外在住の10代の男性。8月に置賜地方の親戚宅で体調を崩して病院に行き、「発熱、発疹、リンパ節の腫れ」という三つの症状があったために、医師が風疹を疑って血液検査をして分かった。

 9月に山形市の30代男性の感染が発覚。11月に入って酒田市の30代男性、山形市の40代男性と30代男性、東根市の30代男性、寒河江市の30代男性と立て続けに5人の感染者が確認された。いずれも病院を受診して発覚したんだよ。

 ――自分では分からないんだ!

 風邪に似た症状もあるので、気づかないこともあるね。そのまま治ってしまうケースもある。知らないうちに感染していて、せきやくしゃみで他の人にうつしてしまうこともあるんだ。

 風疹に感染してから症状が出るまでの「潜伏期間」は2〜3週間。発疹が出る約1週間前から感染力があると考えられていて、それ以降に会った人たちに感染を広げている可能性がある。だから感染者に会った人も、発熱などの症状が出ないかどうか、3週間の観察が必要になるんだよ。

 ――大変だ。

 もっとも問題なのは、妊娠20週ごろまでの女性の感染。おなかの赤ちゃんが感染してしまうと、目や耳、心臓などに障害が出るおそれがある。妊娠初期であるほど、赤ちゃんに障害が出る可能性が高く、妊娠1カ月で50%以上、2カ月では約35%になるそうだ。

 ――うつさないためにはどうしたらいいのかな?

 当然だけど、まずはかからないこと。予防接種をして抗体をつくれば防げる。予防接種を2回受ければ、ほぼかかることはなくなる。1度かかったことがある人も抗体を持っている可能性が高い。幼いころに予防接種を受けたかどうかは、母子手帳を見ると分かるよ。

 ――全員が子どもの時に予防接種を受けているの?

 世代によって違うんだ。

 2回接種は1990(平成2)年4月2日生まれ以降。79(昭和54)年4月2日生まれ以降の男女と、62(昭和37)年4月2日生まれ以降の女性は1回。それ以外の人は、定期の予防接種の機会はなかったんだ。ただし、機会があっても受けていない人もいるから、確認が必要だ。

 首都圏と行き来している人は多いし、県内でも感染者が増えつつある。備えておかないといけないね。

 ――じゃあ、みんなワクチンを打てばいいんだ。

 そうなんだけども、予防接種で使うワクチンには使用期限があって、たくさん作ってずっと保管しておくことができない。数に限りがあるから、抗体がない人だけが受けるべきなんだ。まず、医療機関で抗体の検査を受けよう。

 妊娠の可能性のある女性やその女性の家族が受けやすいよう、ほとんどの自治体で抗体検査の費用や予防接種の費用を補助している。住んでいる市町村に確認すれば教えてくれるよ。

 妊娠してから予防接種をすることはできないんだ。妊娠を望んでいる段階で予防接種を済ませておくことが必要なんだよ。よくわがったん?(青山絵美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ