メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

根ほり葉ほり

学校以外に人と関われる場

写真: 拡大

 ◆ NPOぷらっとほーむ共同代表 松井愛さん(42)

 昨年度、山形県内の不登校(30日以上欠席)の児童生徒数は、小中高でいずれも増加した。不登校の子どもたちとどう向き合うべきか、若者の支援に取り組むNPOぷらっとほーむ(山形市)の共同代表、松井愛さん(42)に聞いた。

 ◆ 不登校の子ども支援 大事なのは

 ――なぜ、不登校の子どもたちの支援を始めたのですか。

 私自身に不登校の経験があることが大きいです。中学2年のゴールデンウィークが終わったころから、学校に行ったり行かなかったりの状況になりました。3学期に入ると「行かない」と家族に宣言。それからほとんど中学には通っていません。当時は、不登校が今ほど多くなかったので、騒がれました。

 原因はいろいろでした。腰を痛め、打ち込んでいたバレーボールができなくなったり、担任の先生と合わなかったり。クラスにいじめがあって、何もできなかったこともしんどかった。理由の分からないことをやるのが嫌で、「規則だから従いなさい」という学校の雰囲気も合いませんでした。今はこうして言葉にできますが、当時は言語化できない気持ちも多かった。

 でも、その経験があって今がある。不登校だった経験を無駄にしたくないと思っていたのもあって、支援する側に回りたいと思うようになりました。

 ◆ 特別視しない

 ――不登校の子どもたちとどう向き合ってきたのでしょうか。

 ぷらっとほーむが運営するフリースペースは、不登校の子だけでなく、誰でも集える場です。ふらっと来て、ほかの子と話したり、音楽を聴いたり。それぞれの時間を過ごしています。

 私がされて嫌だったので、不登校だからといって腫れ物に触るような扱いはしません。特別視せず、普通に子どもたちに接します。ただ、何について悩んでいるかは聞かないようにしています。私もそうでしたが、悩んでいることを説明するのは難しいんです。

 1対1でカウンセリングのように向き合うと「責められている」と感じる子もいる。だから、いろんな人が集まる中で、お互いに話すことが響くような場としてデザインしてきました。

 ◆ 学びは楽しい

 ――支援の目標はどこに置いているのですか。

 「学校に戻ること」は目標にしていません。結果的に目標を見つけて学校に通い始める子はいましたが、無理に戻そうとしても意味がない。本来、学ぶことは楽しいことです。いろんな人と関わることで、その子の「やってみたい」につながればと思っています。

 ――文部科学省の調査では、県内の不登校の児童生徒は、小学校219人(前年度比17人増)、中学校801人(同49人増)、高校454人(同93人増)。増加についてどうとらえればよいのでしょうか。

 増えることが悪いとは思いません。学校に行かないことはダメじゃない。今は、「しんどい思いをしてまで行かなくていい」という保護者が増えていることもあると思います。

 大切なのは、学校以外での学びがあることです。地域の音楽サークルでも絵画教室でもいい。困った時は助けを求めて、時には人を助けてあげて。そうやって人と関わりながら生きていく方法を学べる場があることが重要です。私自身、学校に行かなかった間、楽器を習ったりコンサートに行ったりして、そこで出会った人からたくさんのことを学びました。

 ただ、学校は「不登校が増えるのは悪くない」という言葉に甘えてほしくありません。私も、学校に行かなくて良かったとは思わない。行っていたら、もっと楽に生きられたろうと思うから。

 学校現場は忙しすぎます。先生たちに、広い視野でもっと子どもと向き合えるような余裕ができればと思います。(聞き手・青山絵美)

 ◎ まつい・あい 1976(昭和51)年、山形市生まれ。97年に山形女子専門学校ファッションデザイン科卒業後、新庄市内の服飾専門学校の教員に。2001年から不登校の子どもを支援するフリースペースの運営に携わり、03年、若者の居場所づくりのためにNPOぷらっとほーむを立ち上げた。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ