メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

根ほり葉ほり

笑って泣いて 腹に残る作品

写真: 拡大

 ◆ 最上町出身の映像作家 岸 善幸監督(54)

 山形県最上町出身の映像作家、岸善幸監督(54)=東京都=の作品の特集上映が11月、山形市のフォーラム山形であった。山辺町では講演も。最上町で過ごした少年時代や、作品づくりで目指していることなどについて聞いた。

 ◆ 映画づくり 目指すのは 

 ● 我慢強さ培う

 ――最上町で生まれ育っています。作品への影響はありますか。

 直接、作品に影響を与えているのは、読んだ小説とか経験、見た映画です。最上町には18歳までしかいなかった。その後の人生の方が長いので、単純に山形が影響しているかと言えば、そうではないと思います。

 ただ、雪深いところで育っているので、我慢強いんじゃないかと思いますね。それから、親に感謝していますが、健康ということ。体が丈夫じゃないと、映画にしてもテレビにしてもつくれない。そこは地域とか家族の支えがあってこの体がつくられたということがあると思います。

 ――子どものころ、テレビの世界をどう感じていましたか。

 小学生のころ、冬場はおやじが出稼ぎで家にいなかったんです。ドラマに映っているような優しいお父さんと子どもっていうのが、農村の自分の周囲にはなかった。道路も舗装されていないし、高層ビルもない。華やかな東京と地方の格差を感じていました。

 おやじと仙台市に行く機会がありましたが、おやじや自分の着ていた服が仙台の街に合わなかった。なんで自分はこんなに貧しくて、街を歩いている人と差があるんだろうと思った。将来、ジャーナリストになって、こういうことを訴えたいと思っていました。

 ◆ 人励ましたい

 ――でも、ジャーナリストになりませんでした。

 新庄北高校にいたんですが、成績が悪くて浪人しました。勉強が行き詰まった時、たまたま見に行った深作欣二さんの映画「蒲田行進曲」で、最初から最後まで笑って泣いて。浪人生で暗かったので、見終わって「こういう映画をつくりたい」と思ったんです。こういう映画をつくって、僕のような暗い人たちを励ましたいと。大学に入って真っ先に映画づくりのサークルに行きました。

 ――ドキュメンタリーを手がけるようになったきっかけは。

 大学を出て入社したのが番組制作会社なので、バラエティーから旅番組までジャンルを問わずいろんなことをやりました。ドキュメンタリーを志向していたというより、それをやれる環境があった。

 バラエティーも面白かったのですが、ドキュメンタリーはカメラマンと音声さんと、ディレクターである僕の3人がいればいい。企画書が採用されれば、世界中どこにでも行ける。そのフットワークの軽さが魅力でした。

 ドキュメンタリーをつくっていたら、ドラマをつくらないかとオファーを受けました。その後、ドラマを見たプロデューサーから「映画やんない?」と。それで映画をつくることになりました。

 ――目指す作品はどういったものですか。

 劇場を出る時、ボディーブローが効いているような、腹に残るような作品をつくろうと思っていますね。テーマや題材が違っても、見ている人の腹に来るようにしたい。

 ――11月に山形市で特集上映があり、山辺町では講演会も開かれました。

 自分がつくってきた映画やテレビが地元で上映されたこと、講演会に来ていただいたことは素直にうれしかったです。ただ、故郷に錦を飾れたなどという気持ちは全くなくて、まだまだ道半ばだと思っています。これからも、テレビ番組や映画をつくっていきたいですし、これをステップにして多くの方に作品を見てもらいたいですね。(聞き手・宮谷由枝)

 ◎ きし・よしゆき 1964(昭和39)年、最上町生まれ。87年に早稲田大学を卒業後、テレビ番組制作会社「テレビマンユニオン」に参加。「ガイアの夜明け」「情熱大陸」などを手がけ、2016年に「二重生活」で映画監督デビュー。寺山修司の長編小説が原作の2作目「あゝ、荒野」(17年)も高く評価されている。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ