メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球

特別な夏「100回」の重み知る

写真:100回記念山形大会の開会式で並ぶ選手たち=2018年7月12日午前、山形県野球場 拡大100回記念山形大会の開会式で並ぶ選手たち=2018年7月12日午前、山形県野球場

 ◆ 高校野球選手権山形大会

 「ベンチに入れなかった仲間もいる。託された自分たちが、甲子園にみんなを連れて行くと思っていた」

 今夏の第100回全国高校野球選手権記念山形大会。3回戦で敗れた日大山形の主将、斎藤史弥君(3年)は、そう言って声を詰まらせた。昨秋の新チーム始動から取材をしてきて、斎藤君の表情がゆがむのを見たのは、初めてだった。

 2回戦で敗退した山形商主将の早坂拓真君(3年)は試合後、心臓の病気で2年の時に選手からグラウンドマネジャーに就いた吉田龍生君(3年)の名前を挙げ、「龍生のために勝ちたかった」と目をうるませた。

 それぞれの夏が終わった後、選手たちの口からは、チームを支える人への思いがこぼれた。自分たちのプレーが、自分たちだけのものではないことを、よく知っていたからだと思う。

 1年の冬に、選手から学生コーチになった山形南の柴田薫君(3年)は、全体練習後に1時間、ノックを打つ練習をしていた。「チームを強くするいいノックを打ちたくて」。酒田東のマネジャー、佐藤凜さん(3年)は、中学時代にソフトボール選手だった経験を生かして相手チームのデータを分析。時にはノックを打つこともあった。「必要と思うことは何でもやる。チームの成長を見るのが楽しい」と話していた。

 山形大会のベンチに入れる選手は20人。そこに選ばれても、プレーの機会はなかった選手もいる。練習の補助、マネジャー、応援団。それぞれの立場で「チームのために」と力を尽くしていた。

 甲子園出場を果たした羽黒を含め、大会に参加した48チームはすべてこの夏、1敗を経験した。1年間取材してきた中で、最後に見た顔のほとんどが、泣き顔だった。それでも、「このチームでできて良かった」「最高の仲間と出会えた」と話していた高校生たちに残ったものは、悔しさだけではないと思う。

 こんなにも特別な夏を一つ一つ積み重ねてきた。取材を通じて「100回」の重みを教えてもらったような気がした。(青山絵美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ