メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

やまがた医療塾

8割以上がウイルス原因/顔面神経まひ

写真: 拡大

 顔面神経まひを、どこの科が治療するかご存じですか。それも、われわれ耳鼻咽喉科です。

 顔面神経まひは、ある日突然、洗顔中に目が閉じられない、水を飲むと口からこぼれる、口笛がうまく吹けないといった症状が起きます。脳卒中になったのだろうかと、びっくりされる方がおられるかもしれません。ですが、脳卒中と異なり、ほとんどの場合はまひは顔面だけで、手足は普通に動かすことができます。

 顔面神経まひは、顔の表情をコントロールできなくなることから、対人関係で消極的になり、引きこもりがちになってしまう方が少なくありません。さらに、食べ物の味が分からない、耳の中が閉じた感じがする、音が響く、涙が出にくい、つばが少なくなる、耳が痛いといった症状を伴うこともあります。

 外傷や神経の腫瘍(しゅ・よう)がまひを招く場合もありますが、山形大学での調査では、8割以上がウイルスによって起きていました。

 耳の中には顔面神経管という、骨で囲まれた管があります。その管で単純ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹(ほう・しん)ウイルスが増えると、まひが起こります。耳の中なので、耳鼻咽喉科が治療に当たるというわけです。

 ウイルス性の顔面神経まひに対する治療は、顔面神経に生じている炎症を軽減させるステロイドと、神経の損傷の原因となっているウイルスの活動を抑える抗ウイルス薬の投与が主体となります。高度まひでは、入院して大量のステロイドを点滴する治療をすることがあります。

 山大では、大量のステロイド点滴を含めた治療によって、重症患者の9割が治ったという成果が出ています。さらに、この山大の治療法の有効性を証明する共同研究を、東北大学や東北医科薬科大学、山形県内の基幹病院と連携して進めています。

 ですが、まひが進行し、後遺症が残る可能性が考えられる方には、発症1カ月以内の耳の手術を検討します。山大では、体への負担の小さい顔面神経再生術を開発し、3年前から手術を始めています。

 いずれの治療も、早ければ早いほど効果的です。もし、顔面神経まひを発症したら、すぐに耳鼻咽喉科を受診して下さい。

 ◎ 古川孝俊(ふるかわ・たかとし) 1977年、茨城県生まれ。山形大学医学部卒業、医学博士。専門は耳科学。2010年から山大医学部耳鼻咽喉(いん・こう)・頭頸部(けい・ぶ)外科学講座助教。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ