メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

根ほり葉ほり

子ども癒やす長期の触れ合い

写真: 拡大

 ◆ 米沢市の養護施設「興望館」職員 里親支援専門相談員 村山聡さん(41)

 虐待や貧困などで親元で暮らせない子どもの里親への委託を促進しようと、県は今年度、数値目標などを盛り込んだ「社会的養育推進計画」を策定する。里親制度にはどんなメリットや課題があるのか。米沢市の児童養護施設「興望館」の職員で、里親の村山聡さん(41)に聞いた。

 ◆ 里親制度のメリットは?

 ――そもそも里親制度とはどのようなものですか。

 児童福祉法に基づき、実親の虐待や育児放棄などで家庭で暮らせない子どもを知事が認定した一般家庭で預かって育てる制度です。

 里親には4種類あります。原則18歳までか、家庭環境が整って実親の元に戻れるまで育てる「養育里親」。障害など専門的援助が必要な子を育てる「専門里親」。さらに親族が育てる「親族里親」、里親の戸籍に入る「養子縁組」に分かれます。県内では養育里親がほとんどですね。

 ◆ 国が数値目標

 ――県内に実親と暮らせない子どもはどれぐらいいるのでしょうか。

 県子ども家庭課によると3月1日現在で、実親が育てられず保護が必要な子どもは253人。うち里親などに預けられている子は51人で、残る202人は児童養護施設や乳児院などで養育されています。

 県内の里親への委託率は20・1%。厚生労働省は2017年、この数字を3歳未満は5年以内、それ以外の就学前の子は7年以内に75%以上に引き上げる目標を掲げました。県内は09年度の10・0%から伸びていますが、目標には届いていません。

 ――里親になることを希望する家庭が減ったということでしょうか。

 いいえ、里親を希望する家庭の県への登録数は09年度の63世帯から、17年度は93世帯と増える傾向にあるようです。

 ただ登録すれば、すぐ子どもを受け入れられるわけではありません。受け入れまで1年以上かかった事例もあります。子どもとのマッチングを丁寧に進める必要があるからです。

 里親制度について、実親の理解が進まないのも課題です。里親に出すことで子どもを奪われると感じて「施設は良いけど里親は嫌だ」という実親もいます。実際はほとんどの里親が一定期間、養育を「代わる」だけなのですが。

 ◆ 理解広めたい

 ――里親制度をより理解してもらうため、どのような活動をしていますか。

 私が担当する置賜地域では年に1回程度、専門家や児童相談所の職員、里親の経験者らを招いた研修会を開いています。里親になることを希望する方や学校関係者、近隣住民らに参加してもらい、里親への理解を深めてもらう狙いです。

 そのほか月に1回、現役の里親が集う里親サロンも開催しています。里親であることを子どもに告げる「告知」の方法など周囲に聞きづらい悩みを共有できる場で、里親の不安解消に役立っています。

 ――県は里親制度の周知も含む社会的養育推進計画を策定する方針です。

 職員の異動などで養育環境が変化する児童養護施設などに比べ、里親の元では特定の大人と長期間触れ合えるので、子どもの「愛着形成」をより促せます。「あなただけを見ているよ」と伝えることで、虐待などで苦しんだ子の心の傷を癒やすこともできます。

 一方、愛情を確かめるためにわざと相手を困らせる「ためし行動」などで、里親と円滑な関係を築けない子どももいます。県が策定する計画には、里親向けの研修会などの導入も重要だと思います。(聞き手・田中紳顕)

 ◎ むらやま・さとし 1977年、米沢市出身。99年に児童養護施設「興望館」に入職。勤務の傍ら、2013年に東北福祉大に編入。卒業後、里親支援専門相談員に。3児の父親。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ