メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

根ほり葉ほり

若者が皆帰ってこられる町に

写真: 拡大

 ◆ 河北町議 阿部恭平さん(27)

4月の統一地方選で実施された河北町議選で初当選し、県内初の平成生まれ議員となった阿部恭平さん(27)。政治への関心が低い同世代も多い中、なぜ政治の道を志したのか。6月の町議会定例会を終えたところで、今の思いや政治の現状をどうみるか聞いた。

 ◆ 県内初の平成生まれ議員 抱負は?

 ――議員になって2カ月近く経ちました。

 やっぱり大変ですね。半面、やりがいもある。自分の地区だけでなく、町全体を考えなきゃいけません。

 まだまだ勉強しなきゃいけないので議会に行くときも資料が多い。データを全てタブレット端末に入れて持ち運びたいのですが、議場への持ち込みは認められていません。考え方の差を感じるところもあります。

  ◆ 高校生で志す

 ――政治家を目指したきっかけは。

 日大山形高校2年のときです。当時の麻生太郎首相が未曽有を「みぞうゆう」と読み間違えたというニュースを見て「こういう人が総理大臣になれるんだったら、オレが政治家をやった方がもうちょっと良くなるんじゃないの」と思ったのが最初です。政治の「せ」の字も知らなかったのに。

 ――若い頃から政治家を目指していたのですね。

 徐々に気持ちが強まりました。大学4年のとき、友人に誘われて東京の参院議員の選挙を手伝いました。選挙後、秘書から「興味があるなら、山形の先生を紹介してあげるよ」と。それで、鈴木憲和衆院議員の東京事務所でインターンシップを半年ほどしました。

 公務員試験に受からず、鈴木議員からは「大学生から秘書になると君がめざすような政治家にはなりにくいと思う。いったん世の中を見てこい」と言われ、民間企業へ入りました。

 ――1年ほどで地元にUターンしましたね。

 地元の河北町に携われる仕事がしたいな、と。運良く募集があった観光協会で働き始めました。

 ただその後、鈴木議員から「もう一度、一緒に頑張らないか」と声がかかり、昨年5月から秘書に。西村山郡を中心に農業や工業、商業などいろんな業界の方に会って、話を聞いて学ぶことができました。

 ◆ 現状に危機感

 ――町議選に立候補しようと決めたのは。

 決断したのは今年1月ごろです。地元の「どんがまつり」は、お客さんやお店が目に見えて減っている。同級生は町外にどんどん出て行って、同期の集まり具合は年々悪くなっている。若い人が減る現状をどうにかしたいと思いました。

 ――若い世代の投票率は低い傾向にあります。

 政治に自分たちの意見が反映されないという諦め感があるのだと思います。私が若い人の意見を聴いて反映することで、好循環につなげていきたい。

 政治じゃなくてもちょっとずつ街づくりに参加してもらうことから始めるのも良いのかなと思います。子育てを語り合う集まりやバーベキューに政治家が行って話をして、興味を持ってもらうのも良いですし。

 ――議員のなり手不足も目立ちます。家族を養えるほどの議員報酬が得られない町村も多いようです。

 河北町は月額26万円。やはり厳しいですね。変化の早い社会に対応するには、議員は専業が望ましいと考えています。実績を出して、胸を張って増額の必要性を訴えられるようになりたいです。

 ――どんな町の将来像を描きますか。

 最終的には、若い世代がみんな帰ってこられる、帰ってきたいと思う――。そんな町です。人気や期待だけではダメ。実績を上げることに重点をおいて頑張ります。(聞き手・上月英興)

 ◎ あべ・きょうへい 1991(平成3)年、河北町生まれ。日大法学部に在学中、鈴木憲和・衆院議員(山形2区)の東京事務所でインターンシップを経験。卒業後、コンサルタント会社を経て2015年にUターン。町観光協会でふるさと納税の業務などを担当した。18年に鈴木議員の秘書に。19年4月の町議選でトップで初当選した。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ