メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球

上達への工夫 選手に委ねる

写真: 拡大

 ◆ 育成功労賞 谷地・坂本浩二監督

 谷地の坂本浩二監督(58)は、1986(昭和61)年から左沢の野球部を指導。その後、山形東や山形南、南陽、谷地で監督を務めた。基本に忠実な指導スタイルで結果を出し、小規模校での指導実績も評価された。

 高校時代は山形南の内野手。2年時には夏の山形大会で決勝まで進んだが、あと一歩のところで甲子園出場を逃した。「もう一度甲子園を目指したい」。日本体育大に進学し、山形県の臨時職員を経て、高校野球の指導者になった。

 山形東時代に夏の山形大会で4強入りするなど、進学校を率いて結果を出した。選手らは、野球で培った集中力を勉強にも注ぎ、「文武両道」を実践。そんな姿に「高校生活の一環として野球がある」と教えられた。以降、選手らには「勉強や校内活動にしっかり取り組むことが、野球につながる」と説いている。

 指導は基礎のみに徹し、より上達するにはどうすべきか、選手自身に考えさせるのがモットーだ。

 「操り人形では面白くないでしょう。自分で悩んで工夫する。そこに楽しさを見いだしてほしい」

 南陽や谷地で、部員数の少なさとも向き合ってきた。野球の競技人口が減るなか、教え子たちが「野球をやっていて良かった」と思って巣立つことを願う。野球を次の世代につないでくれると信じるからだ。(西田理人)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ