メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権大会】

聖地へ 48チーム挑む

写真:抽選の行方を見守る各校の主将ら=山形市双葉町1丁目 拡大抽選の行方を見守る各校の主将ら=山形市双葉町1丁目

 ◆ 来月11日開幕 組み合わせ決定

 第101回全国高校野球選手権山形大会(朝日新聞社、山形県高野連主催)の組み合わせ抽選会が27日、山形市の山形テルサであり、出場する48チームの対戦相手が決まった。開会式は7月11日午前10時半から県野球場(荘銀・日新スタジアム)であり、その後の開幕試合で米沢中央―北村山が対戦し、熱戦の火ぶたが切られる。

 午後2時ごろに始まった抽選会では、各チームの主将が1人ずつステージに上がって順番にくじを引いた。主将らは大きく息を吸ったり、胸の辺りをさすったり緊張した面持ち。静まりかえった客席では、ほかの主将たちが続々と決まる対戦をメモしていた。

 春の県大会を制した第1シードの鶴岡東は、昨夏の決勝でサヨナラ負けした羽黒と同じAブロックに入った。鶴岡東の平山雄介主将(3年)は「リベンジは意識していない。相手がどこであっても、1試合ずつ丁寧に戦っていきたい」と表情を引き締めた。

 羽黒の日下部由伸主将(3年)は「鶴岡東を倒さないと、上には行けない。昨年王者というプレッシャーを力に変えて、一戦必勝で戦っていきたい」と意気込んだ。

 第2シードの日大山形は、12校中7校を村山地区が占めるCブロックに。大江陸音主将(3年)は「守備からリズムをつくり、打撃につなげたい。自分たちの野球ができれば、頂点は見えてくる」と話した。(西田理人、鷲田智憲)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ