メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権大会】

2019夏/2人で追った夢 これからも

写真:試合終了後、隣同士で整列する酒田南の伊藤海斗主将(左)と渡辺拓海投手。2人とも涙は見せずに、笑顔で相手選手をたたえた 拡大試合終了後、隣同士で整列する酒田南の伊藤海斗主将(左)と渡辺拓海投手。2人とも涙は見せずに、笑顔で相手選手をたたえた

 ◆ 酒田南 渡辺拓海投手・伊藤海斗主将

 試合終了後の整列。2人はいつも通り、隣同士に並んだ。やっぱり、一緒に校歌を歌いたかったな。

 酒田南の大型右腕の渡辺拓海投手(3年)と、主砲の伊藤海斗主将(3年)。2人で一緒に追いかけた夏の夢が終わった。

 鶴岡市出身の渡辺投手と、遊佐町出身の伊藤主将。2人は小学生の頃からお互いを意識し合っていた。中学は別々だが、2人とも身長180センチを超え、ともにエースで4番。それぞれ県内の大会で優勝を経験し、県選抜でも顔を合わせた。

 中学3年の時、ともに酒田南に進学することがわかり、伊藤主将の自宅の駐車場の壁に目標を書いた。

 「酒南で甲子園!」。さらに伊藤主将は「ストレート140キロ」「ホームラン40本」と書き加えた。渡辺投手も負けじと「海斗には負けない」。お互いが一番のライバルだった。

 酒田南に入学後、2人はチームメートとして競い合った。1年春に渡辺投手が先にベンチ入り。伊藤主将も負けじと夏にはベンチ入りメンバーに名を連ねた。

 そして昨夏の山形大会後。「エースで4番」だった2人は、新チームのエースと4番になった。渡辺投手は140キロ超の直球を投げる本格右腕に、伊藤主将は高校通算本塁打36本の左の大砲に成長し、最後の夏に挑んだ。

 この日の先発は伊藤主将。だが制球に苦しみ、渡辺投手が四回途中から救援した。「任せろ。海斗はバッティングに集中しろ」。この回、チームは一挙6点を失う。その後、渡辺投手は丁寧にコースを突き、粘りの投球を続けた。

 伊藤主将は五回、降板した悔しさを晴らすかのように、右翼線に特大の飛球を2度打ち上げた。だが、打球はいずれもファウル。この打席は内野フライに倒れた。

 酒田南打線は、相手左腕を最後まで捉えきれず、敗戦。ベンチで泣き崩れる伊藤主将は、渡辺投手に何度も「ごめんな」と言った。そんな伊藤主将の背中を、渡辺投手は黙ってたたき続けた。

 「良いときも悪いときも、拓海はいつも一番近くで支えてくれた」「厳しいことを言ってくれるのはいつも海斗だけだった」――。

 試合後、2人はこう口をそろえた。「一緒にプロになって、対戦したい」

 2人で追いかけた夢は、きっとこれからも続く。(西田理人、川野由起)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ