メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第72回秋季東北地区高校野球大会】

東海大山形と日大山形、敗退

写真:日大山形―一関学院 六回表、日大山形・荒木の左前適時打で二塁走者滝口が生還して同点=花巻 拡大日大山形―一関学院 六回表、日大山形・荒木の左前適時打で二塁走者滝口が生還して同点=花巻

写真:東海大山形・畑中悠哉主将 拡大東海大山形・畑中悠哉主将

 ◆ 秋季東北高校野球 開幕

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞盛岡総局など後援)が11日、岩手県で開幕した。県営、花巻の両球場で1、2回戦計4試合があった。東海大山形(山形3位)は1回戦で磐城(福島3位)に0―6で、日大山形(山形2位)は2回戦で一関学院(岩手3位)に5―9でいずれも敗れた。

 12、13の両日の試合は台風19号による大雨が予想されるために順延が決まっており、2回戦の残り6試合は14日に行われる。

    ◇

 ◆ エースで4番 重責担う/東海大山形・畑中悠哉主将 

「申し訳ない。みんなで踏ん張ろう」。東海大山形の畑中悠哉投手(2年)は六回に2失点してリードを広げられた後、ベンチに戻ると仲間に呼びかけた。

 エースで4番、さらに主将という重責を担う。最後まで仲間らに声をかけ続けてチームを引っ張ったが、及ばなかった。

 序盤は緩急で相手打線を封じていた。だが、次第に変化球を狙われるようになり、五回に4安打を浴びて2失点。六回は抑えようという力みから制球を乱して失点を重ねた。それでも、野手が再三の好プレーでもり立ててくれた。

 試合後、畑中投手は「自分のせいです」と悔しさをにじませた。「エースで4番の自分がチャンスやピンチに強くならないといけない。苦しいときに踏ん張れる選手になる」。敗戦の悔しさをばねに成長を誓った。 (鷲田智憲)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

山形総局から

山形アサヒ・コムをご利用頂きありがとうございます。皆様のご意見・ご感想・ニュースや身近な話題などお気軽にメールでお寄せ下さい。お待ちしております。メールはこちらから

朝日新聞 山形総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ