メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルポやまぐち

新入生 カルトが狙う春

写真: 拡大

写真:注意を呼びかける大学の掲示板 拡大注意を呼びかける大学の掲示板

写真:「家庭連合」が山口大と県立大に送った文書。カルト対策の見直しを求めている 拡大「家庭連合」が山口大と県立大に送った文書。カルト対策の見直しを求めている

  【成沢解語】陽光きらめくキャンパスに、若い声が響く。11日、県内のある大学。おしゃべりに夢中になっている女子学生たちの後ろに並んだ掲示板が目を引いた。

  「看板に偽りあり!」

  「運勢鑑定はがきは返信しない」

  「しつこい勧誘は断り、署名やアンケートに連絡先は書かない」

  そして、ひときわ目立つ赤い字でこうあった。

  「カルト宗教に注意!!」

  かつてオウム真理教をきっかけにカルトへの関心が高まったが、水面下ではいまも学生への接近を模索する動きが続いている。

  「ウヨウヨしています。本当ですよ」。5日、山口市吉田の山口大であった新入生のオリエンテーションで、農学部学務委員長の宮田浩文教授が力を込めて話した。大学周辺ではさまざまな宗教団体が勧誘を繰り返しており、例年4月には学生から相談が多数寄せられるという。

  「大学近くで声を掛けられたが、自宅を知られたかもしれない」

  「自宅に来られて話し込み、メールアドレスを教えてしまった」

  宮田教授は「新生活が始まった学生には解放感があり、そこを付け狙われる。優しい言葉をかけられると、活動を見てみようかと思ってしまう」と指摘する。勧誘の際には団体名や活動内容を伏せることもあり、注意喚起に割く時間を増やしている。

          ■     ■

  ある学生は最近、正門近くで勧誘を受けた。

  「何やってるの?」。同世代の2人組が声をかけてきた。ごみ拾いやサッカーをやっているサークルだという。「暇つぶしになるかな」。言われるままアパートの一室へ向かった。

  現役学生やOBと称する数人が室内にいた。活動を紹介する映像を見せられ、次第に「神はいるのか?」といった宗教的な言葉が増えていく。

  「今度、レクチャーに来ないか」。やんわりと「ほかの部活も見たい」と断ったが、結局、個人情報を伝えてしまったという。「ボランティアサークルみたいだけど、よく分からなかった」と振り返る。

  大学周辺で勧誘を続けるある団体のホームページをのぞくと、活動の報告のほか、オレオレ詐欺へ注意を呼びかけるような言葉も並ぶ。関係者によると、メンバーは15人程度とみられるが、実態は不明だ。

  こうした状況を受け、県立大は、山口東京理科大や山口学芸大、山口大の教職員も招き、2014年12月に「カルトから学生を守る」と題した研修会を初めて開くなど対策に力を入れる。

  動きは他県でも広がる。大分市の大分大は数年前から新入生のガイダンスの中で注意喚起を始めた。きっかけは、大学周辺であった悪質な勧誘。同大は「事件に巻き込まれないよう、安全な生活を送るために周知している」と説明する。

          ■     ■

  一方、信教の自由との兼ね合いもある。ある教職員は「脱会に取り組むわけではない。個人の信心は尊重せざるを得ない」と語る。

  訴訟に発展したケースもある。佐賀大の学生だった世界基督教統一神霊協会(統一教会、現在「世界平和統一家庭連合」に名称変更)の女性信徒と両親が、准教授の発言で信仰の自由や名誉感情を侵害されたとして、大学と准教授に損害賠償を求めた訴訟。昨年4月の福岡高裁の控訴審判決は一審と同様に侵害を認め、佐賀大に計8万8千円の支払いを命じた。

  家庭連合は今年2月、全国の24大学にカルト対策を改めるよう申し入れ、一部は応じたという。「信教の自由・思想信条の自由が妨げられることはあってはならない」としている。

  ただ、日本脱カルト協会代表理事を務める立正大の西田公昭教授(社会心理学)によると、全国の大学生2380人への11年の調査では、399人が学内や自宅で勧誘を受け、数十人が個人情報を提供していた。都会と地方で傾向に違いはなかったという。

  「カルト」という言葉ばかりが先行しがちだが、西田教授は「他人の基本的な人権を侵し、反社会的な行動をとる集団」と定義する。「全体主義」「プライバシーの侵害」「言論の不自由」「絶対服従」の四つの特徴があるという。

  恐怖感を与えたり、一方的にまくし立てたりするほか、異性の魅力を前面に出す例も。サークル勧誘が活発化する時期だけに、宗教団体にとっては学内に紛れ込みやすいという。

          ■     ■

  中東へ目を向けると、過激派組織「イスラム国」(IS)の悲惨なテロ事件が各地で相次ぐ。実行犯とされるのは大学生と同世代の若者ばかりだ。世界中から組織に加わろうとする動きは後を絶たない。

  国内でも、シリアに渡ってISの戦闘に加わろうとしたとして、警視庁が14年10月、北海道大の男子学生を私戦予備・陰謀の疑いで事情聴取。今年3月には、和歌山県の20代男性がトルコ南部で拘束され、国外退去処分になって帰国した。

  「寂しかったり、新しい友達を作りたかったり。自立したいという心理もあり、教養を身につけられるとあおられることもある」と西田教授。「カルトは見分けにくい。団体に入る前にしっかり調べ、知識を持つべきだ。特にこの季節は気をつけてほしい」と警鐘を鳴らす。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ