全日本スキー連盟は15日、ソチ五輪で新種目となるスキー・ハーフパイプ(HP)の代表3選手を発表した。女子は、昨季の世界選手権で3位に入った小野塚彩那(あやな、石打丸山ク)と、同4位で母親でもある三星マナミ(野沢温泉ク)が選ばれ、男子は津田健太朗(尾瀬ク)が代表となった。