毎日新聞社特別顧問で政治評論家の岩見隆夫(いわみ・たかお)さんが18日、肺炎のため東京都新宿区の病院で死去した。78歳だった。通夜、葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く。喪主は妻雅子(まさこ)さん。

 旧満州(中国東北部)の大連生まれ。京都大法学部を卒業し、1958年に毎日新聞に入社。大阪、東京の社会部を経て政治部で首相官邸や自民党などを担当。論説委員、サンデー毎日編集長、編集委員室長を歴任した。

 89年から24年間、毎日新聞で政治コラム「近聞遠見」の連載を続けた。著書に「陛下の御質問」「政治家」「平和日本はどこへ」など。テレビ出演も多かった。2013年6月に末期の肝臓がんであることを公表し、闘病生活を送っていた。