愛知県の知多中部広域事務組合消防本部は14日、半田消防署北部出張所に勤務する男性消防士(25)がアダルトビデオ(AV)に出演し、現金を受け取っていたと発表した。地方公務員法が定める兼業や信用失墜行為の禁止に抵触するとして、懲戒処分を検討する。

 同消防本部によると、消防士は2012年春、都内などで2回にわたってAVの撮影に応じ、1回約5万円を受け取った。消防士が先月、上司に打ち明けたほか、13日には出演を告発する内容の差出人不明の封書が半田消防署に届いた。消防士は「金に困ってやった」と話し、退職の意思を示しているという。

 同消防本部では今年度に入り、ひき逃げ事故や盗撮行為などの不祥事が4件あった。若子定生消防長は「大きく信頼を失っている中で、このようなことが起きて申し訳ない」と陳謝した。