[PR]

(全文と動画をご覧いただくには、会員登録が必要です)

 大リーグ・ヤンキースの田中将大投手はなぜここまで勝てるのか。22日のレッドソックス戦までに、彼が投じたボールは410球。そのすべてを分析、CG動画で再現しました。解説は元大リーグ投手の小宮山悟さん。「剛腕」の陰に隠れた緻密(ちみつ)な投球術に迫ります。

強打者なで斬り、高い修正能力

 2014年4月4日。外角低めへの直球で、メジャーの第1歩を踏み出した。判定は「ストライク」。敵地トロントの球場に、日の丸が揺れた。

 デビュー戦となったブルージェイズ戦。2回までに3点を失ったが、冷静だった。徐々に速球を増やし、修正して以降は無失点。7回を投げきって、「勝ててよかった。ホッとした」。

 4月16日のカブス戦では、ス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも