[PR]

 関西空港の土産店で炊飯器が飛ぶように売れている。買い手は中国人。高額商品をまとめ買いする人もいる。日本のコメや製品が評価された結果だが、空港ならではの悩みもある。

 お昼前、第1ターミナルの土産店に人だかりができる。出国審査を終えた中国人客が中心だ。店の最前列にタイガー魔法瓶、パナソニック、日立など主要メーカーの15種ほどが並ぶ。価格は消費税分が免税されている。

 上海の会社員の男性(45)は約9万円の炊飯器を2個購入。「一つは知人へのお土産、もう一つは自分用」。貿易で来日した杭州の謝利忠(シェ・リジュン)さん(46)は自宅用に約5万円の製品を買った。「知人の依頼で来るたびに1個ずつ買っている。これで7、8個目」。店の中国人の男性スタッフ(31)は「今まで見た最高は1人で6個でした」と笑う。

 炊飯器人気は、中国人向け個人観光ビザの発給要件が緩和された2010年から一気に高まった。この店ではコンスタントに1日10個ほど売れる。花見客が増えた4月は、20個になる日も。炊飯器はカメラと並ぶ高額商品で、4月の売り上げは過去最高を記録した。中国便が順次増える今月は、さらに伸びそうだ。

 大阪市北区の家電量販店「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」でも、「中国のお客さんは団体で来て、人数以上の数を買う。売り上げも伸びている」(家電担当マネジャー)という。家電量販店でも免税手続きをすれば価格差はほとんどないが、旅行中に荷物が増えると面倒なため、空港がにぎわうようだ。

 人気の理由はどこにあるのか。上海の男性は「旅先の京都の宿で食べたご飯に感動した。おなかがすいてではなく、ご飯がおいしくてお代わりしたのは初めて」と絶賛した。

 中国の食文化に詳しい明治大学の張競(ちょうきょう)教授は「中国もコメ文化だが、高級レストランでも、おかずがメーンでご飯は重視されない。客も麺や点心で済ませ、ご飯を頼まないこともある。日本でご飯のおいしさに目覚めてもおかしくない」と解説する。

 中国ではもともと長粒種が主流だが、近年は日本と同じ短粒種の生産も増加。経済発展に伴い食の幅も広がり、つやと粘り気、甘みがある短粒種の人気も高まっているという。

 日本製炊飯器を愛用しているという上海の会社員の女性(28)は「炊いたすぐ後だけでなく、保温を続けてもおいしい。デザインも優れている」と言う。

 日本電機工業会などによると、中国は世界で最も多くの炊飯器を作っており、安い製品は3千円程度からある。高機能製品も作られ始めたが、内釜に土鍋を使ったり、かまどで炊いた味を再現したりといった日本独自のこだわりには遠い。

 メーカーも、海外向けや現地で販売する機種に「長粒種向けの炊飯メニューを追加」(タイガー魔法瓶)、「おかゆコースを日本より多くした」(象印マホービン)など、中国人の好みに合わせる工夫を重ねる。

 一方、困った事態が起きることもある。段ボールに入った炊飯器は、機内の収納スペースに入らないことがあるからだ。ある航空会社のスタッフは「搭乗口で炊飯器を段ボールから出さないといけないこともあるし、数が多すぎると機内に置き場所がなくなってしまう」。貨物室への積み直しが必要になり、飛行機が遅れたこともあるという。

 店側も「機内持ち込みできない可能性があるので、必ず搭乗口で係員に確認を」と呼びかけている。(中川竜児)