写真・図版

[PR]

 三四郎は花から眼を放した。見ると野々宮君が石橋の向うに長く立っている。

 「君まだいたんですか」という。三四郎は答をする前に、立ってのそのそ歩いて行った。石橋の上まで来て、

 「ええ」といった。何となく間が抜けている。けれども野々宮君は、少しも驚かない。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも