【動画】時速500キロ超のリニア実験線に試乗=戸田拓撮影
[PR]

 リニア中央新幹線をPRしようと、JR東海は22日、山梨県内に建設したリニア実験線で、過去最大規模となる報道各社向けの試乗会を開いた。時速500キロ超のスピードと乗り心地を、記者が体感した。

 実験線は、山梨県上野原市から笛吹市間の42・8キロメートル。そのまま、中央新幹線の実際の運行区間の一部となる予定だ。試乗の「駅」は、その区間内に位置する山梨実験センター(都留市)内にある。飛行機の搭乗口のようなゲートを抜け、7両編成の実験用車両「L0(ゼロ)系」へ向かう。

 この日3回あった試乗機会の1回目に参加した。時速500キロって、どんな感じなのか。少し緊張する記者を乗せ、午前10時40分、実験用車両は発車した。十数分後、笛吹市内の実験線の西端まで進み、いったん停車。ここからストップウオッチを使ってみた。

 始動後26秒で時速100キロ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら