[PR]

 三四郎は汽車に乗っている。息子を戦争でなくしたというじいさんと、京都から相乗りの女が話している。女は大連へ出稼ぎに出た夫からの便りが途絶え、郷里に戻るところだという。汽車は名古屋泊まり。女に案内を頼まれて、三四郎は宿を探す。汚い看板の宿に入ると、下女が2人を同じ部屋に案内した。三四郎が風呂につかっていると、「ちいと流しましょうか」と女も入ってくる。三四郎は慌てて風呂から飛び出した。

こんなニュースも