写真・図版

[PR]

 漸(ようや)くの事で、美禰子の傍(そば)まで来て、

 「里見さん」と呼んだ時に、美禰子は青竹の手欄に手を突いて、心持首を戻して、三四郎を見た。何ともいわない。手欄のなかは養老(ようろう)の滝(たき)である。丸い顔の、腰に斧(おの)を指した男が、瓢簞(ひょうたん)を持って、滝壺(たきつぼ)の側に跼(かが)んでいる。三四郎が美禰子の顔を見た時には、青竹のなかに何があるか殆(ほと)んど気が付かなかった。

 「どうかしましたか」と思わず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも