5日に結婚式を控えた高円宮家の次女典子さま(26)から天皇、皇后両陛下に感謝の言葉を伝える「朝見(ちょうけん)の儀」が2日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。

 典子さまは、「ローブ・デコルテ」と呼ばれるロングドレスに、ティアラ(宝冠)、勲章を身につけた女性皇族の正装で儀式に臨んだ。天皇陛下、皇后さまの元へ順に進み出てそれぞれ深々とお辞儀し、「今日まで、長い間、深いご慈愛をもってお導きくださいましたことを謹んで御礼申し上げます」と述べた。

 天皇陛下は「このたびはおめでとう。今後とも二人で愛を育み、よい家庭を築いていくよう願っています」と祝い、皇后さまも「むつまじい家庭を築き、共によき社会人として過ごしていかれますように」などと語りかけた。

 これに先立ち、2日午前には、皇室の祖神などに別れを告げる「賢所(かしこどころ)皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」が皇居・宮中三殿であり、典子さまは古式ゆかしく、髪を後ろで束ねた「おすべらかし」の髪形に小袿(こうちぎ)姿で拝礼した。(中田絢子島康彦

     ◇

 2日午後に皇居・宮殿であった「朝見の儀」で、高円宮家の典子さまが天皇、皇后両陛下にお礼の言葉を伝え、両陛下がお祝いの言葉を述べた。内容は次の通り。

【典子さま】今日まで、長い間、深いご慈愛をもってお導きくださいましたことを謹んで御礼申し上げます。

【天皇陛下】このたびはおめでとう。今後とも二人で愛を育み、よい家庭を築いていくよう願っています。二人の末永い幸せを祈ります。

【皇后さま】このたびはおめでとう。どうかお二人が互いにうやまいあって、むつまじい家庭を築き、ともによき社会人として過ごしていかれますように。お二人の健康と幾久しい幸せを祈ります。

     ◇

 「朝見の儀」では、天皇、皇后両陛下と典子さまの前に朱塗りの膳が置かれ、皇室伝統のお祝い料理が並んだ。

 高盛(たかもり)と呼ばれる皿には、塩ウニと魚のすり身を使った「雲丹篠蒲鉾(うにしのかまぼこ)」と、サケを干した「塩引干鮭(しおびきほしさけ)」が約10センチの高さに盛られた。平盛(ひらもり)(約6センチ)の皿には、塩ゆでの才巻エビと、付け焼きにしたウズラ。両陛下と典子さまが別れの杯を交わした「九年酒(くねんしゅ)」は黒豆、日本酒、みりんを煮詰めて濾過(ろか)したものだった。