[PR]

 西立川駅を列車が発車するとき、流れるメロディーがある。ユーミンこと松任谷由実さんの「雨のステイション」。荒井由実時代の1975年発表のアルバム「コバルト・アワー」の一曲だ。2006年から使われている。

 現在、同駅と直結する国営昭和記念公園(東京都立川市、昭島市)は、かつて77年までは米軍立川基地だった。霧雨降る駅で列車を待つ少女の心情を歌う曲には、基地内のディスコに通った自身の体験が織り込まれていると、松任谷さんは著書「ルージュの伝言」(角川文庫)に記す。

 曲の歌詞を刻んだ歌碑が、駅舎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも