【動画】くまモンが墓参り=戸田拓、瀬戸口翼撮影
[PR]

 夏目漱石の命日に「くまモン」がお墓参り――。漱石ゆかりの地である熊本県のキャラクター、くまモンが9日、漱石の眠る東京都豊島区の雑司ケ谷霊園を訪ね、お墓参りをした。

 本紙朝刊で106年ぶりに再連載中の漱石「三四郎」の主人公は、熊本の五高(現・熊本大学)を卒業して上京する。五高は1896(明治29)年から漱石が約4年間、教壇に立った学校だ。くまモンは五高の学帽と制服を身につけて、漱石の墓の前で一礼し、静かに手を合わせた。

 漱石は1916(大正5)年のこの日、49歳で亡くなった。「こころ」で「先生」が親友「K」の遺骨を葬ったのも、雑司ケ谷の墓地だった。

 くまモンはお墓参りの後、漱石と関係の深い岩波書店と朝日新聞社を訪問した。岩波書店では、漱石の筆による社名の看板や、正岡子規が熊本時代の漱石にあてた書簡を見ながら、驚いたり感心したりしていた。

 朝日新聞社では、「三四郎」再連載を担当する編集部を見学。1907年に入社した漱石が、「三四郎」「こころ」などの代表作を新聞に連載したことなどについて説明を受けた。