[PR]

 美禰子の心がわからなくて混乱する三四郎は、気持ちを落ち着けようと広田先生の家に行く。広田先生と話していると気楽になるのだ。広田先生に、美禰子について聞いてみたいが、話題は三四郎の結婚に転じる。

 与次郎が、画工の原口さんを連れて帰ってきた。原口さんは美禰子の肖像を描くつもりだという。うちわをかざした姿で描かれることを美禰子が希望していると聞き、三四郎は感動する。それは池の端で三四郎が初めて見かけた美禰子の姿なのだから。

こんなニュースも