天皇陛下は20日、皇居・宮殿で、カタールのタミム首長と会見した。宮内庁によると、タミム首長は東日本大震災の際、日本からの天然ガスの供給拡大要請に応じたことについて「親密な関係の日本への義務と思って対応した」と述べ、天皇陛下は同国からの支援に感謝の意を伝えた。

 また、タミム首長は日本国内にイスラム文化を紹介するセンターの計画を進めていると紹介。天皇陛下は「日本はこれまで多くの外国から文化を学び、今の日本の文化を作り上げてきた」と話したという。