[PR]

【1994年9月17日・神奈川版別刷り・神奈川特集「歴史の周辺」より】

 「陣屋に行ってみたい」

 ずっと考えごとをしていた升田幸三・実力制第四代将棋名人が、東京都中野区白鷺の自宅で静尾夫人に言った。神奈川県秦野市・鶴巻温泉の旅館「陣屋」を、39年ぶりに訪れようというのだ。1991年2月中旬。ある晴れた日のことだった。しかし、静尾夫人がハイヤーを呼ぼうとすると、思い直したように「ちょっと待て。日曜日にでも、息子に運転してもらって行けばいい」と前言をひるがえした。思いついたらすぐ実行に移す升田にしては、珍しいことだった。

 升田は約1カ月半後の4月5日、世を去った。

 陣屋は、大磯にあった黒田家邸を和田義盛公別邸跡に移築した三井家の別荘で、現陣屋会長の宮崎カズヱさんの夫富次郎さん(故人)が49年、三井系炭鉱会社の元重役で退職金がわりに別荘を与えられたカズヱさんのおじから、買い取った。

 昭和将棋史に残る「陣屋事件」は、カズヱさんが社長になった52年に起きた。

 木村義雄名人との対決となった第1期王将戦七番勝負第6局。対局前日の2月17日、升田八段はひとりで新宿から小田急線に乗り、鶴巻温…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも