【動画】通学中の小学生が車にはねられる=熊倉隆広撮影
[PR]

 20日午前7時50分ごろ、大阪府豊中市柴原町5丁目の市道で、登校中の市立桜井谷小学校の児童の列に乗用車が突っ込み、1~6年生の男子児童5人と自転車で通行中の女性(40)の計6人がけがをした。大阪府警によると、1年の男児(7)が意識不明の重体、ともに11歳の6年の男児2人が重傷、残りの3人が軽傷とみられるという。

 府警は、車を運転していた会社員中村恵美容疑者(50)=同市宮山町2丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。「事故を起こしたのは間違いありません。なんで事故を起こしたのかはよく思い出せない」と供述しているという。

 豊中署によると、重体の男児は頭を強く打っているという。重傷の男児2人は太ももの骨が折れるなどしている。軽傷とみられるのはともに7歳の2年の男児2人と自転車の女性。

 現場は大阪モノレール柴原駅から北東約600メートルの住宅街。幅約7・6メートルの片側1車線の市道で、歩道はなく、児童5人が道路の右端を歩いていたところに後ろから車が突っ込んだという。児童のうち2人は車の下敷きになった。

 署に対する目撃者の証言では、中村容疑者の車が右折待ちをしていた車を避けようとして対向車線にはみだした際に児童らをはねたという。調べに対し、中村容疑者は「自分の娘を送った帰りだった」と説明しているという。中村容疑者の母親は取材に対し「娘から事故を起こしてしまったと電話があった。30年ほど車を運転しているが、目立った違反や事故はなかったと思う」と話した。

 豊中市消防本部によると、同日午前7時50分ごろ、通行人から「交通事故があった。小学生がけがをしている」などと119番通報があったという。