[PR]

 「プリンに醬油(しょうゆ)をかけるとウニの味になる」。そんな都市伝説の実現を目指して、北九州市の商品企画会社と老舗醬油店が手を組み、プリン専用の醬油を開発した。ネット販売が始まり、雑貨などを販売する「ヴィレッジヴァンガード」(本社・名古屋市)の一部店舗での店頭販売も始まった。

 「何か面白い商品を作りたいね」「例えば、プリンにかけたらウニ味になる醬油とか?」。プリン専用醬油の開発のきっかけは、商品企画会社「YK STORES」(北九州市)社長の吉田一直さん(32)と、ヴィレッジ社の買い付け担当者が交わした会話だった。

 地元で創業102年を数える同市八幡東区の「ごとう醬油」に電話をかけると社長の五嶋隆二さん(36)は快諾した。小学生の頃、家にあった何種類もの醬油をかけて試したが、ウニ味にならなかった苦い体験があったからだ。