[PR]

 2013年に長編アニメからの引退を表明した宮崎駿監督(74)がCGで短編を制作中だ、とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが10日、東京都内での講演で明らかにした。宮崎監督は、映画の一部にCGを用いたことはあるが、CG作品は初めて。

 「もののけ姫」(1997年)の制作に入る前に長編として企画した「毛虫のボロ」を、東京・三鷹の森ジブリ美術館でのみ上映する短編シリーズの1作として作る。CGでの制作を提案した鈴木プロデューサーは「10分くらいだが、完成に3年はかかる。宮崎さんは新しいチャレンジに燃えている」と話した。(小原篤