[PR]

 大阪府高槻市の駐車場で大阪府寝屋川市の市立中木田(なかきだ)中学校1年の平田奈津美さん(13)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、大阪府警は21日、寝屋川市香里新町(こおりしんまち)の職業不詳、山田浩二容疑者(45)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。平田さんと一緒に行方不明になった同級生の星野凌斗(りょうと)さん(12)とみられる少年の遺体が同日午後7時35分ごろ、大阪府柏原(かしわら)市の竹林で見つかった。

 府警によると、山田容疑者は「確かに女の子を車に乗せて高槻市の駐車場まで行ったが、助手席にいた同乗者の男が女の子の死体を車から出して遺棄した。同乗者が後部座席で女の子を殴るなどし、私が知らない間に死んでいた。同乗者の名前や年齢は言いたくない」などと容疑を否認しているという。

 平田さんについては「初対面だった。自分が声をかけて車に連れ込んだ」と述べているという。府警は、事件に関与した疑いがあるのは山田容疑者1人とみて調べる方針。

 柏原市で見つかった少年の遺体の着衣は星野さんが行方不明になったときの服装に似ているという。顔と手に粘着テープが巻かれ、外傷があった。傷みが進んでおり、府警は死亡時期や死因などを調べる。

 山田容疑者の逮捕容疑は13日、高槻市番田1丁目の運送会社の駐車場で平田さんの遺体を縛るなどして遺棄したというもの。

 平田さんの遺体は同日午後11時半ごろ発見された。顔全体に粘着テープが巻かれ、後ろ手にされた両手首をテープで縛られていた。主に左半身の腕や胸から足まで30カ所以上に切り傷があった。司法解剖の結果、同日午後7時ごろに窒息死したと推定されている。

 平田さんと星野さんは12日夜に一緒に外出。2人に似た男女が13日午前1時10分~午前5時10分、京阪電鉄寝屋川市駅前の商店街を行き来する様子が付近の防犯カメラに映っていた。

 府警が商店街付近の防犯カメラを確認したところ、同日午前5時過ぎに、軽ワゴン車が何度か行き来する様子が映っていた。遺体が遺棄された駐車場やその周辺でも不審な軽ワゴン車が映っており、府警はこれらの車の特徴が似ていると判断。遺棄現場付近の映像から、車の所有者が山田容疑者だと特定された。

 13日午後0時40分ごろには、柏原市内のコンビニエンスストアに同じ軽ワゴン車が立ち寄り、山田容疑者が粘着テープを購入する様子も防犯カメラの映像などで確認できたとしている。

 平田さんは13日未明から早朝にかけ、友人らと携帯電話の無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「帰らない」などとやりとりを繰り返していた。同日午前6時半ごろには「今から星野君と京都に行く」などと書き込まれていた。

 2人の自転車が同駅前でそれぞれ見つかり、星野さんの自転車は13日午後3時ごろ有料駐輪場に止められていた。2人が電車やバスに乗った形跡がなく、府警は同駅周辺で事件に巻き込まれたとみている。