【動画】ラグビーとアメフットのキックの違いを五郎丸歩、西村豪哲両選手で比較=林敏行撮影

写真・図版

[PR]

 観客の視線を一身に浴び、H形ポールめがけて楕円形(だえんけい)のボールを蹴り込む。得点に直結する重責のポジションがキッカーだ。ワールドカップ(W杯)で日本の得点源となるラグビーの五郎丸歩(ごろうまるあゆむ、ヤマハ発動機)と、アメリカンフットボール・Xリーグの富士通で連続日本一を狙う西村豪哲(ひでてつ)。同じ29歳の「キック職人」が語り合った。

 五郎丸 キックを蹴る時は他の14人が体を張って得てくれたチャンス。それを蹴れるという責任、今では代表でやっているので、国を勝利に導く重要な道具だと思っていますね。

 西村 アメフットも同じ。このキックでチームの勝敗が決まる、という緊張感の中でプレーできるのがキッカーの醍醐味(だいごみ)。

     ◇

 ラグビーとアメフット、ボールの大きさは、ラグビーの方が大きくて重い。

 西村 ラグビーは難しいと思う。自分がトライを決めたり、試合中にどこかを痛めたりした中で蹴らなくてはいけない。アメフットは蹴るだけなんで。

 五郎丸 息が上がった状態で蹴らなくてはならないシチュエーションもある。肩が痛かったり、右足が痛かったり。でも、芯に当たったら、ラグビーボールの方が簡単に飛ぶと思う。それより、アメフットは最初からボールが置いてあるわけじゃなくて、人が置くんですよね。

 西村 そう。投げる人、ボール…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら