[PR]

 女子相撲の世界ジュニアチャンピオンが今春、立命館大(京都市北区)の相撲部に入部した。日本代表として、年齢制限のない世界大会で優勝することを目指し、日々厳しい練習を重ねている。

 静岡県浜松市出身の野崎舞夏星(まなほ)さん(19)。立命館大スポーツ健康科学部(滋賀県草津市)でスポーツ分野の栄養学や医科学などを学んでいる。

 右京区にある稽古場で週6日、午後6時半からの約2時間、練習に励む。スポーツウェアの上からまわしを付け、男女の部員たちを相手に、突っ張りや押し出し、投げ技などの稽古を繰り返す。筋力トレーニングにも余念がなく、ベンチプレスを50キロまで上げられるようになった。

 相撲との出会いは小学1年の時。当時通っていたレスリングジムの生徒たちで地元の「ちびっこ相撲大会」に出場したのがきっかけだ。自分より体の大きな男の子に勝つことに楽しさを覚え、のめり込んだ。

 身長160センチ、体重60キロと相撲部員としては小柄だが、レスリングの経験を生かした素早い足取りや下手投げが持ち味だ。

 野崎さんは昨年、台湾の高雄市で開かれた第4回世界ジュニア女子相撲選手権大会の軽量級で優勝。同階級としては、日本人で初めて世界一に輝いた。

 これまでは相撲とレスリング、柔道の三つの競技を掛け持ちしてきたが、優勝を機に「最も結果が出せそうだ」と考え、相撲に専念する決心をし、男子相撲の強豪校、立命館大相撲部の門をたたいた。

 現在、相撲部員は13人。うち女子部員は野崎さんを含め4人だ。4年生には、同じ静岡県出身でシニアの全国大会で優勝経験がある山中未久(みく)選手もいる。野崎さんがあこがれ続けてきた選手だ。

 7月25日に岐阜県郡上市で開かれた全日本女子相撲郡上大会では、山中さんと共に3人一組の団体戦に出場し、大将を務めた。個人戦では軽量級に属する野崎さんだが、相手チームの重量級の大将を破って同部を初の日本一に導いた。

 「今まで勝てなかった相手に勝てて自信がつきました」。手応えを感じていただけに、8月30日に堺市であった国別対抗の世界女子相撲選手権大会で日本代表に選ばれなかったのは、少しこたえた。

 それでも野崎さんは前を向く。今、相手を押し出すといった基本練習に加え、将来世界で勝つための対策も練っている。

 相撲部の練習の合間に、同じ大学のレスリング部の練習に参加している。海外の選手は相撲という型にとらわれず、レスリングや柔道などの組み技を多用してくる傾向が強い。自身にも同様の技術が必要だと感じている。「日本代表に選ばれるような選手になって、世界の舞台で自分より強い相手に勝ちたい」(橋本拓樹)