[PR]

 本格焼酎の出荷量が10年連続で全国1位だった鹿児島県が、2014酒造年度(14年7月~15年6月)は首位の座を宮崎県に明け渡した。鹿児島県酒造組合の7日の発表によると、鹿児島の14年度の出荷量は12万2807キロリットルで、前酒造年度比6・4%減。これに対し、宮崎は同3・8%増の12万9589キロリットルだった。

 宮崎の芋焼酎の出荷量は10万3131キロリットル。芋焼酎「黒霧島」をつくる宮崎県都城市の霧島酒造が県全体の出荷量を押し上げ、鹿児島を1万キロリットル上回った。芋焼酎でみると、鹿児島が全国首位から陥落したのは、同組合が統計を始めて以来初めて。

 同酒造組合の本坊松美会長は、出荷量減の原因を、ウイスキーなどの消費の伸びと、宮崎県のシェア拡大と分析。「なんとか本家本元の名目を取り戻したい」と話している。(石塚翔子)