[PR]

 ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会は19日、ブライトンなどで1次リーグがあり、B組の日本(世界ランキング13位)が過去、W杯2度制覇の南アフリカ(同3位)を34―32で破る大金星を挙げた。日本がW杯で勝つのは1991年大会のジンバブエ戦以来、24年ぶり。

 日本は前半8分、五郎丸がPGを決めて、3点を先制。南アフリカのトライとゴールで逆転されたが、30分にラインアウトからモールを押し込み、主将のリーチがトライ。ゴールも決めて10―7と再びリード。だが、33分に南アフリカにトライを許し、10―12で折り返した。

 後半は先行する南アフリカに五郎丸のPGで食らいつき、29分に五郎丸のトライとゴールで29―29。一度29―32と突き放されたが、相手ゴール前で突進を続け、後半ロスタイムにヘスケスのトライで逆転し、劇的な勝利をものにした。

 元豪州監督のエディ・ジョーンズヘッドコーチ率いる日本は史上初の8強進出を目指し、23日、スコットランド戦に臨む。

 日本の先発メンバーは以下の通り。

 ▽FW 三上(東芝)堀江(パナソニック)畠山(サントリー)トンプソン(近鉄)大野(東芝)リーチ(同)ブロードハースト(リコー)ツイ(サントリー)▽HB 田中(パナソニック)小野(サントリー)▽TB 松島(サントリー)立川(クボタ)サウ(ヤマハ発動機)山田(パナソニック)▽FB 五郎丸(ヤマハ発動機)

こんなニュースも